工房 横井珈琲:ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

工房 横井珈琲 ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュトです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

スポンサーリンク

モゴラ

モゴラ(Mogola)は、ホンジュラス(Honduras)ラ・パス県(La Paz Department)マルカラ(Marcala)に位置する農園です。

農園主はマリザベル・カバジェロ・ガルシア(Marysabel Caballero García)です。

マリザベルは、第4世代のコーヒー生産者です。丸山珈琲および珈琲の味方塾(現ジャパン・ロースターズ・ネットワーク(JRN)(Japan Roasters' Network))とは、2016年のホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Exellence)で、エル・プエンテ(El Puente)のゲイシャ(Geisha)のウォッシュト(Washed)が91.70点を獲得し第1位に輝いたときから取引が始まりました。

モゴラは、マリサベルの父親であるファビオ(Fabio)が、妻と結婚した1970年に最初に購入した農園です。マリザベルは、2021年にこの農園を受け継ぎました。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はアネロビック・ウォッシュト(Anaerobic Washed)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

モゴラは、2007年のホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Exellence)において、パカマラ(Pacamara)のウェット・プロセス(Wet Process)が91.28点を獲得し第3位に入賞しました。

ホンジュラス・カップ・オブ・エクセレンス3位入賞の「モゴラ」をテストローストしました。
非常になめらかな口当たりでとても甘い、エルサルバドル「セロ・ネグロ」と同じ、パカマラという品種で粒がとても大きい豆です。

いや、このモゴラも素晴らしい!

シロップを思わせる甘さの持続感、クリーンな味わい、トロピカルフルーツを思わせる香り。

ホンジュラス・モゴラ」,横井のさんかくらいふ 2008年8月28日.
スポンサーリンク

工房 横井珈琲 ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト
ホンジュラス モゴラ ゲイシャ アネロビック・ウォッシュト

マリサベルさんは、ホンジュラスの4 世代続くコーヒー生産者の家に生まれ、幼少期よりご両親とともにコーヒー生産に携わってきました。現在はグアテマラ出身のご主人、モイセスさんとコーヒーの生産に従事しています。

2021年、マリサベルさんのお父様のファビオさんが、自身が所有していた複数の農園を手放すことを決意し、マリサベルさん・モイセスさんご夫妻に声を掛けました。マリサベルさんご夫妻はそれらの農園のうち、モゴラ地区とサン・ホセ地区の農園を買い取ることに決めました。
特に、マリサベルさんの曾祖父のフェリペさんが初代オーナーを務めたモゴラ農園は、彼女の一族が初めてコーヒー生産を始めた場所であり、マリサベルさんの幼少期の思い出が多く残る、特別な思い入れのある農園です。

工房 横井珈琲

すっきりとした透明感のあるゲイシャフレーバー、マスカットのような透明感のある口当たり、後口に発酵系のフレーバーが少し残ります。冷めてくると、凝縮感のある酸味が生まれます。透明感がありながら奥行きのある味わいが印象的なゲイシャです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事