チモトコーヒー :ブラジル ショコラ
スポンサーリンク

チモトコーヒー ブラジル ショコラです。

チモトコーヒー(Chimoto Coffee)は、1927年に創業した業務用コーヒー卸業者です。

ブラジル ショコラ

スポンサーリンク

ブラジル ショコラ

ブラジル ショコラ(Brazil Chocola)は、ブラジル(Brazil)ミナス・ジェライス州(State of Minas Gerais)カンポ・ダス・ヴェルテンテス中地域(Campo das Vertentes Mésorégion)の協同組合、サンコーヒー(SanCoffee)(または、サント・アントニオ・エステート・コーヒー(SAEC)(Santo Antônio Estates Coffee))によって生産されるコーヒーのブランドです。

ブラジル ショコラは、カンポ・ダス・ヴェルテンテス中地域スル・デ・ミナス(Sul de Minas)サント・アントーニオ・ド・アンパーロ (Santo Antônio do Amparo)を中心とした周辺地域の農園から、チョコレートの風味を持つコーヒーが選別、ブレンドされて、ショコラの風味を持つロットに仕上げられます。

品種

品種はムンドノーボ (Mundo Novo)、カツアイ(Catuai)、カツカイ(Catucai)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

チモトコーヒー ブラジル ショコラ

言わずと知れた世界最大のコーヒー生産地であり、全世界のコーヒー生産量の30%以上がブラジル産である。18世紀初頭にフランス領ギニアで栽培されていたコーヒーは、他国への拡散を防ぐため厳格に苗が管理されていたが、1727年のギニアとの国境紛争時に、ひそかにブラジルにコーヒーの種と苗木が持ち込まれ、各地にコーヒー栽培が広がっていった。広大な国土で生産されるコーヒーは、ほとんどがナチュラル(非水洗)で精製され、また、産地により品質差が大きいため、ブラジル独自の格付けの基準が設定された。ブラジルNo.2スクリーン18とは欠点豆の数によるタイプNo.2と豆の大きさが64分の18インチというスクリーンサイズのふたつの格付けの組み合わせとなっている。

チモトコーヒー

チョコレートのような甘さと苦味のバランスが取れた、口当たりの良い味わいです。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事