スターバックス リザーブ®:ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ

スターバックス リザーブ® ボリビア ブエナビスタエステート ゲイシャです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ

スポンサーリンク

ブエナビスタ エステート

ブエナビスタ エステート(Buena Vista Eatate)は、ボリビア(Bolivia)ラ・パス県(La Paz Department)ユンガス地方(Yungas Region)南部カラナビ(Caranavi)に位置しています。カラナビは、人口約50,000人のユンガス地方最大の都市です。ペルーとボリビアにまたがる古代湖、3,890mの天空に近いチチカカ湖(Titicaca)周辺の都市の1つです。

農園主はペドロ・ロドリゲス・ペニャリエータ(Pedro Rodriguez Peñarrieta)氏です。

ペドロ・ロドリゲス氏は、アグリカフェ(Agricafe)の代表であり、自らの名前を冠したロス・ロドリゲス農園(Fincas Los Rodriguez)の名の下に、12の農園と130ヘクタールの土地を所有しています。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

ブエナビスタ エステートのゲイシャは、パナマの生産者から分けてもらった種が元となっています。

ブエナビスタ エステートでは、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)、ティピカ(Typica)、SL-28など、様々な品種が栽培されています。

ペドロ氏と彼のチームのコーヒー生産は、科学的なアプローチを取っています。彼らの農園では、コーヒーの品質と生産量を最適化するための様々な農業技術と品種が試行されています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® ボリビア ブエナビスタエステート ゲイシャ

スターバックス リザーブ® とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ

※ラベルデザイン
ゲイシャは栽培が難しい品種の一つとして知られています。このデザインは、農園の周囲の地形と険しい山々をモチーフとしたものです。デザイナーは、日の出と日の入りの色味をつかってこのコーヒー豆の希少性を表現しました。朝焼け、夕焼けが見られるのが一日の中でわずかな時間だけであるのと同じくらい、ゲイシャのこのコーヒーは特別なのです。

スターバックス
ボリビア ブエナビスタ エステート ゲイシャ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

ボリビア ブエナビスタエステート ゲイシャは、スターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

ほのかなハチミツのような甘さのあるクリーンな味わいのコーヒーです。しかし、ゲイシャ特有の香味はほとんど感じられません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事