コーヒーノキはアカネ科コーヒーノキ属に属する植物の総称です。

コーヒーノキは熱帯植物であり、赤道をはさんだ北緯25度南緯25度の間のコーヒーベルトと呼ばれる地域で主に栽培されています。

コーヒーの代表的な品種はアラビカ種(Coffea arabica)とカネフォラ種(Coffea canephora)です。アラビカ種現在生産されているコーヒーの70%はアラビカ種、30%がカネフォラ種(ロブスタ種)です。この二つ品種で世界全体のコーヒー流通量の約99%を占めています。残りの1%を占めるのがリベリカ種(Coffea liberica)で、生産量は少ないです。

アラビカ種はアフリカ大陸のマダガスカル島に起源を持つコーヒー属の一つです。アラビカ種は温暖な気候を好むため、赤道に近い地域で栽培されています。

アラビカ種は2000種以上の品種がありますが、代表的な品種としてティピカ、ブルボン、パカラマ、カトゥーラ、カトゥアイ、ムンドノーボ、マラゴジッペなどがあります。

アラビカ種は病害虫に弱く、栽培が難しいですが高品質なため、主にシングルオリジンや高品質のブレンドコーヒーに使用されます。

カネフォラ(ロブスタ)種はアフリカ大陸のエチオピア起源と言われています。1898年にアフリカのコンゴ(ヴィクトリア湖周辺)で発見されました。

カネフォラ種はその多くが、ベトナム、インドネシア、アフリカの標高1,000m以下の場所で栽培されています。病害虫に強く、栽培は比較的容易ですが、品質に劣ります。焦げたような独特の風味があり、そのままでの飲用に適さないため、インスタントコーヒーや缶コーヒー、低品質のブレンドコーヒーに使用されます。

以下にコーヒーの代表的な品種をフローチャートで図示しました。

http://real-coffee.net/category/coffeevarieties/ethiopiantypes
エチオピア在来種(エチオピア野生種/半野生種)
エチオピアの遺伝的に多様な品種の総称。
http://real-coffee.net/category/coffeevarieties/geisha
ゲイシャ Gesha Geisha
1930年代にエチオピアで発見された野生種。
http://real-coffee.net/category/coffeevarieties/typica/bluemountains-typica
ブルーマウンテン・ティピカ Blue Mountain Typica
ジャマイカ東部のブルーマウンテン山脈の標高800~1,200mにあるブルーマウンテン地区で栽培されるティピカ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事