ロースト デザイン コーヒー:インド バドラ バッタダカーン

ロースト デザイン コーヒー インド バドラ バッタダカーンです。

ロースト デザイン コーヒー(Roast Design Coffee)は、神奈川県川崎市にあるスペシャルティコーヒー店です。オーナーは、三神 仁美(みかみ ひとみ)と三神 亮(みかみ りょう)夫妻です。

インド バドラ バッタダカーン

スポンサーリンク

バドラ・エステート

バドラ・エステート(Badra Estates)は、インド(India)カルナータカ州(Karnataka State)チックマガルール県(Chikmagalur District)に位置する農園です。

バドラ・エステートは、インドにおけるコーヒー発祥の地であるババブダン・ギリの丘のチックマガルール県に位置してます。カルナータカ州のバドラ川流域(Badra River)に広がるチックマガルール県は、インドの代表的なコーヒー産地です。亜熱帯気候のこの地域には、大きな森林が広がっており、背の高い植物がコーヒーのシェードツリーとなります。

農園主はジェイコブ・マンメン(Jacob Mammen)です。

バドラ・エステートは、、1936年にマンメン家(Mammen Family)によって設立され、以来一族で続いています。農園では、コーヒーのほか、コショウ、ココア、アレカナット、カルダモン、ゴム、チークなどが生産されています。

バドラ・エステートは、バレオヌール(Balehonnur)、ケルケイコンダ(Kerkiecoondah)、バッタダカーン(Bettadakhan)の3つの農園で構成され、総面積600ヘクタールに及びます。この3つの農園のうち、ケルケイコンダとバッタダカーンでアラビカ種コーヒーを生産しています。

このロットは、バッタダカーンで生産されたコーヒーです。

品種

品種はSBBTC セレクション(SBBTC Selection)(カチモール)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

バドラ・エステートのコーヒーは、主にウォッシュトで精製されますが、ナチュラル(Natural)とハニー(Honey)精製のコーヒーも生産されてます。

スポンサーリンク

ロースト デザイン コーヒー インド バドラ バッタダカーン

インド バドラ バッタダカーン

スペシャルティコーヒーとしてはまだ知名度の高くないインド。

しかしこの国はアラビカ種の世界的伝播の中継地として大変重要な役割を果たした歴史があります。

近年ではそのポテンシャルが注目されており、ドイツやアメリカ、日本などからバイヤーが訪れ、 徐々にですが、優良なテロワールやコーヒーが発見されています。

バドラエステートはチックマガール県のババブーダンギリにあるコーヒー農園ですが、 この”ババブーダン”という地名は、コーヒーの苗をインドにもたらした聖職者の名としてコーヒーの歴史に刻まれています。

従来ナッツ様の熟度の低さが感じられるインドのコーヒーですが、 バドラエステートのコーヒーはきれいな柑橘を思わせる酸と、清涼さに満ちており、 まさにインドの新たな胎動を感じることのできる逸品となっています。

ロースト デザイン コーヒー

青リンゴのような清涼感と爽やかな酸味が印象的です。非常に爽やかでクリーンな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事