スターバックス リザーブ®:ハワイ カウ

スターバックス リザーブ® ハワイ カウです。

スターバックス リザーブ®は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

ハワイ カウ

スポンサーリンク

ハワイ州

アメリカ合衆国の50番目の州となったハワイ州(State of Hawaii)は、ハワイ・コナが生産されるハワイ島(Island of Hawai'i)をはじめ、カウアイ島、オアフ島、マウイ島など、8島と100以上の小島から成り立っています。なかでも最も新しくできた島であるハワイ島は面積1万456㎢とハワイ諸島最大の島で、ハワイ州の他の島をすべて合わせた面積よりも大きいことから、「ビッグ・アイランド (Big Island)」とも呼ばれています。

ハワイ島には5つの火山があります。島の西部にはコナ・コーヒーの産地であるファラライ山(Hualalai Mountain)(2,521m)、島の西北端にあるコハラ山(Kohala Mountains)(1,637m)、世界最先端の天文台があるマウナ・ケア山(Mauna Kea)(4,205m)、地球で最も体積の大きいマウナ・ロア山(Mauna Loa)(4,170m)、マウナ・ロア山の南嶺には世界で最も活発な火山の一つであるキラウエア山(Kīlauea)があります。 キラウエア山は、2018年5月に噴火しました。

ハワイ島は火山でできた島のため、ハワイ島の沿岸部には白い砂浜ではなく、黒い火山性の砂浜となっている場所も多いです。

気候

ハワイ島の気候区分 「気候と気象」,ハワイ州観光局公式ラーニングサイト.

ハワイ島には、さまざまな気候が共存します。ケッペンの気候区分によれば、世界にある17の気候区分のうち、北極気候とサハラ気候を除く15気候があるとされます。

ハワイ島には、東から西へ貿易風(偏東風)が吹き付けます。これがマウナ・ケア山とマウナ・ロアの山にぶつかり雲を発生させるため、島の東部は降水量が多い地域です。島の西側は降水量が少なく、乾燥した地域です。

カウ・コーヒーが生産されるカウ地区(Kau District)は、ハワイ島南部に位置し、平均気温は10℃-20℃で、一日中曇りの天気が多い地域となっています。

スポンサーリンク

カウ・コーヒー

カウ・コーヒーとオブラ夫妻

ハワイ島では、ハワイ島西部のコナ地区(Kona District)で最初のコーヒー栽培が始まりました。

カウ地区は、1894年にコナ地区(Kona District)からコーヒーノキが持ち込まれ、コーヒーの栽培が始まりました。当時からカウ地区で栽培されていた農作物のほとんどはサトウキビでした。その後、サトウキビ産業が衰退し、1990年代の後半にはそれが顕著になったことで、人々は改めてコーヒー栽培に目を向けるようになりました。

現在カウ・コーヒーがコナ・コーヒーと並んで世界中から注目されるようになった背景には、オブラ夫妻の力が大きいです。ロレート・オブラ(Loreto Obra)(通称、ロリー(Lorie))と彼女の夫であるレスティトゥート・オブラ(Restituto Obra)(通称、ラスティー(Rusty))は、1972年にフィリピンからアメリカ合衆国ニュージャージー州に移住し、ローリーは医療技術者として、ラスティーは化学者として、働き始めました。1990年代後半にハワイ島のカウ地区を訪問したとき、ロリーとラスティーは早期退職を決意し、カウ地区でコーヒーを栽培しようと奮闘しました。

コナ地区はその時すでに何世紀にも渡ってコーヒーを栽培しており、世界的に有名なブランドとして名を馳せており、多くの歴史のある農園がありました。ローリーとラスティーのようなカウ地区のコーヒー農園には、知名度も生産技術もまだ何もなかったため、彼らはコーヒーの栽培と精製を習得するために、急いで学習を始めました。

カウ地区では、2006年までに約40の農園でコーヒーが生産されていましたが、彼らは生き残るために苦労していました。数マイル以内に精製所がなく、ほとんどのコーヒー生産者は、彼らが生産したコーヒーを売る市場を持っていませんでした。唯一のバイヤーは、カウ・コーヒーが低品質であると評価し、最低価格でしか購入しないコナのコーヒー生産者だけでした。

砂糖産業の崩壊とチャールズ・ブリュワー社

カウ・コーヒーの発展は、砂糖産業の崩壊から始まりました。チャールズ・ブリュワー社(C. Brewer and Co.)が1996年にカウ地区の砂糖工場を閉鎖し、135年続いたこの地区のサトウキビへの依存を終わらせました。州と郡の職員はサトウキビの代替品として、コーヒーを選びました。コーヒーノキは1894年にカウに導入されていましたが、それまでは耕作可能な土地はすべてサトウキビ生産に利用されていたので、コーヒーを生産することはできませんでした。しかし、カウ地区の豊かな火山性土壌、高い標高、適度な日光、雨、霧などの気象条件は、コーヒー生産に最適なものでした。

砂糖工場を閉鎖した後、チャールズ・ブリュワー社は、5エーカーの土地を年間150ドル、15年間のリースで提供しました。最初の5年間は無料でした。撤退した砂糖産業で働いていた労働者は、新しい作物であるコーヒーの生産の専門的な訓練を受けました。 ローリーとラスティーはリースを申請しましたが、最初は断られました。しかし、彼らの両親がチャールズ・ブリュワーのもとで働いていたので、15年間のリースの資格を得ることができました。彼らは自らの会社をラスティーズ・ハワイアン(Rusty's Hawaiian)と命名し、2002年に最初のクロップが収穫されました。

その年、ラスティーはまた、30の生産者と共に、カウ・コーヒー生産者協同組合(Kau Coffee Growers Cooperative)を創設しました。この組合の夢は、カウ・コーヒーをコナ・コーヒーと同じくらい有名で人気のあるコーヒーにすることでしたが、最初の時期は土地の安いリース代でさえ、かろうじて払えるという程度の利益しかありませんでした。多くの人は、彼らが大きな間違いを犯したのではないかと疑問に思いました。

カウ・コーヒーの飛躍

ラスティは、2006年に道半ばで亡くなりました。ローリーは農園を売ることも考えましたが、ローリーはラスティの意思を引き継ぎ、コーヒー事業を続けることに決めました。その頃、チャールズ・ブリュワー社は、カウ地区の膨大な所有地を売却しました。それは数千エーカーの放棄されたサトウキビ畑でした。ハワイ島の13,000エーカーの土地(そのうち8,000エーカーはチャールズ・ブルーワー社の土地)が、カリフォルニアの投資家で慈善事業家のエドモンド・オルソン(Edmund C. Olson)によって購入され、 2006年には、40のコーヒー農園を含んだ2,000エーカーの土地が、カウ・ファーム& ランチ社(Kau Farm&Ranch Co.)のクリストファー・マンフレディ(Christopher Manfredi)と彼のパートナーによって購入されました。

クリストファー・マンフレディのマネージング・パートナーは、カウ・コーヒーの事業の難しさを感じましたが、カウ・コーヒーの原産地ブランドを作り、ハワイアン・コーヒーのアイデンティティの下でカウ・コーヒーの高級ブランドとしてのイメージと評判を確立するために努力しました。

コーヒーの品質の基準は、国際的なカッピング・コンテストによって決定されます。毎年、専門家チームは、生産者や焙煎業者から提出されたコーヒーをカッピングし、オリンピックのフィギュアスケート競技のように厳密に評価します。高いスコアを獲得したコーヒーは、その評判と価格にすぐに影響します。

2007年に、クリストファー・マンフレディは、彼の所有する土地の15人の生産者からサンプル・コーヒーを集め、その年にカリフォルニア州ロングビーチで開催されたアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)(Specialty Coffee Association of America)のロースターズ・ギルド・カッピング・パビリオン・コンペティション(Roasters Guild Cupping Pavilion Competition)に参加しました。そして、ウィル・アンド・グレイス・タビオス(Will and Grace Tabios)とマーロン・ビーソン(Marlon Biason)がエントリーしたカウ地区の2つのコーヒーが、世界のトップ10に入賞しました。このことで突然、カウ地区は世界で最高品質の独特の味わいのあるコーヒーを生産する地域として知られることとなりました。

翌年、アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)のイベントでマヌエル・マルケス(Manuel Marques)のカウ・フォレスト・コーヒーが第11位に入賞し、カウ・コーヒーは再び上位に入賞しました。

2009年、カリフォルニア州アナハイムで開催されたスペシャルティコーヒーエキスポ(Specialty Coffee Expo)で、「コーヒー・オブ・ザ・イヤー(Coffee of the Year)」が開催されました。

SCAA 2009 COFFEE OF THE YEAR RELEASE

世界中から134のエントリーのうち、カウ・ファーム& ランチ社が所有するブル・アンド・ジェイミー・カイリアワ(Bull and Jamie Kailiawa)のカイルアワ・コーヒー・ファーム(Kailiawa Coffee Farm)が85.08点を獲得し第7位に入賞しました。このことで、カウ・コーヒーは飛躍的に評判を高めました。

Specialty Coffee Association of America Awards 2010 Coffees of the Year

2010年、ウィル・アンド・グレース・タビオスはロースターズ・ギルド・アワード 2010 コーヒー・オブ・ザ・イヤー(Roasters Guild 2010 Coffees of the Year)のトップ10に入賞し、国際コンテストの2回目の入賞を果たしました。

2012年のロースターズ・ギルド・アワード 2012 コーヒー・オブ・ザ・イヤー(Roasters Guild Awards 2012 Coffees of the Year)では、2ケ国から250のエントリーのうち、ウィル・アンド・グレイス・タビオス、ローリー、トリニ・アンド・フランシス・マーケス(Trini and Francis Marques)のカウ地区の3人のコーヒー生産者がトップ10に入賞しました。

カウ地区の土地所有者であるエドモンド・オルソンは、カウ・コーヒーの精製施設の必要性を感じ、2010年には肥沃なウッド・バレー(Wood Valley)にあるパハラ(Pahala)にカウ・コーヒーの精製所とビジター・センターの建設を発表しました。 施設は150万ドルかけて建設され、2012年1月21日に開かれました。これによってカウ地区のコーヒー生産者は、コナ地区にコーヒーを輸送して精製してもらう必要がなくなりました。

彼は新施設の建設に加えて、カウ・コーヒー産業をさまざまな形でサポートしています。彼は持続可能な農業、自然資源保全、コミュニティ開発、教育、文化遺産保護、再生可能エネルギーに投資しています。また、彼は約15,650エーカーの農業と自然保護のための土地を守り、ビジョンに沿った子会社を創設し、経営しています。

ラスティーズ・ハワイアン

ローリーは長年にわたり医療機関で科学的な経験を積んだ彼女の知識を、コーヒーの栽培、精製、焙煎に応用しました。彼女はパルピング(果肉除去)、水洗、発酵、乾燥が、国によってそれぞれ異なる方法で行われていることに特に関心を抱きました。彼女は様々な精製方法を試したり、焙煎度合いを変えたりしながら、最高の味を引き出す方法を模索していました。彼女の農園で栽培されている6種類のアラビカ種を掛け合せ、長年にわたり厳しいテストを行い、その結果をアメリカ本土のロースターに送って評価を仰ぎました。そして、アメリカ合衆国の老舗コーヒーレビューサイトである「コーヒーレビュー(Coffee Review)」は、2009年にラスティーズ・ハワイアンのブルボン(Bourbon)に95点の最高得点を付けました。

2010年は、ローリーにとって画期的な年となりました。ハワイコーヒー協会(HCA)(Hawaii Coffee Association)は、ラスティーズ・ハワイアンをハワイアン・コーヒーの「グランド・チャンピオン(Grand Champion)」に選びました。

また、ラスティーズ・ハワイアンは、2010年のケネス・デーヴィス(Kenneth Davids)によるコーヒーレビューの記事「島のコーヒー:ハワイとカリブ海(Island Coffees:Hawaii and the Caribbean)」や「ブランデーと驚き:新しいナチュラル(Brandy and Surprises:The New Naturals)」で高く評価されました。

そして、ヨーロッパスペシャルティコーヒー協会(SCAE)(Specialty Coffee Association of Europe)は、ローリーの努力を評価し、2010年の「年間最優秀生産者(Outstanding Producer of the Year)」を彼女に与えました。この賞は、「コーヒーの生産または精製の改善に関する広範な研究や研究を行っている小規模の所有者、不動産、協同組合、精製所または農園」に対して毎年授与されていました。

 2011年に、ラスティーズ・ハワイアンは再びハワイアン・コーヒーの「グランド・チャンピオン」に選ばれました。グランド・チャンピオンに立て続けに選ばれるのは、これまでに1度も見られなかったことでした。

ピート・リカータとラスティーズ・ハワイアン

"2011 USBC Champion Pete Licata - 2 / 2",Specialty Coffee Association 2011年5月7日.

アメリカ合衆国のバリスタ・ギルド(Barista Guild)は、毎年コーヒーの競技会を開催しています。各参加者は、エスプレッソ4個、カプチーノ4個、飲み物4個を15分以内に6人の審査員に12個の飲み物を用意しなければなりません。バリスタのピート・リカータ(Pete Licata)は、2011年のバリスタ・チャンピオンシップ(Barista Championship)で、ラスティーズ・ハワイアンとコナ・コーヒーというハワイアン・コーヒーの組み合わせで、第1位に輝きました。

スターバックスとハワイ カウ

カウ・コーヒーとスターバックスの取引を仲介したのは、クリストファー・マンフレディです。彼は2011年にカウ・コーヒーをスターバックスに仲介し、アメリカ合衆国、カナダ、日本の250のスターバックスの店頭に置かれました。現在スターバックスのカウ・コーヒーは、スターバックス リザーブ®で取り扱われています。

現在、カウ・コーヒーは世界市場で高値で取引されており、日本には少量しか入荷しない希少なコーヒーです。

品種

品種はティピカ(Typica)とその他品種です。

カウ地区のコーヒー栽培はコナ地区から持ち込まれたコーヒーノキから始まっているため、品種の違いはほとんどありませんが、気候と土壌の違いがコーヒーの香味の違いを生んでいます。

コナ地区とカウ地区は同じマウナロア火山から噴火した火山灰でできあがった土地ですが、コナ地区は新しい溶岩質の黒土の土壌でコーヒーを栽培されているのに対し、カウ地区はサトウキビ栽培をしていた土地であるため、溶岩質の土が少なく、肥料が馴染んだ赤土の肥沃な土壌でコーヒーが栽培されています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

コナ・コーヒーが独特の豊かな酸味とエナメル質のような質感が特徴の上品なコーヒーであるのに対し、カウ・コーヒーは上品さはそのままに、酸味が控えめ、甘さに優れたバランスの取れた味わいが特徴です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ®:ハワイ カウ

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

ハワイ カウ

※ラベルデザイン
このラベルデザインはハワイ カウの生産に欠かすことのできない地域の結束と友愛の精神を表現しています。手とコーヒー豆は生産者とその働きを、背景で交差する模様はカウ地区沿岸の風景と太平洋の潮流を表しています。

スターバックス
ハワイ カウ

焙煎

スターバックスは、コーヒをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

ハワイ カウはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

「ハワイ カウをプアオーバーかケメックスで抽出するのが、私達のお気に入りです。これらの抽出方法は、クリーンな口当たりの中に今年のハワイ カウが持つ上品で複雑な風味を豊かに引き出してくれます。」
シニア コーヒー クオリティ デベロップメント スペシャリスト
セルジオ アルバレス

スターバックス

口当たり柔らかなチョコレートのようなボディ、酸味よりも甘さに優れた味わいが印象的です。バランスに優れた上品なコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事