グアテマラ エル・グアタロン農園

グアテマラ エル・グアタロン農園

スポンサーリンク

エル・グアタロン農園

"A message from Guatemalan coffee producers - Finca El Guatalon",Cup Of Excellence 2020年5月7日.

エル・グアタロン農園(Finca El Guatalon)は、グアテマラ(Guatemala)サンタ・ローサ県(Santa Rosa Department)サンタ・ローサ・デ・リマ(Santa Rosa de Lima)アルデア・ベレン(Aldea Belén)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、フライハネス・プラトー(Fraijanes Plateau)とニュー・オリエンテ(New Oriente)の間に位置しています。

エル・グアタロン農園は、標高1,600m - 1,750m、敷地面積50ヘクタールのうち10ヘクタールでコーヒーが栽培されています。残りは松、ヒノキ、その他の種の自然林保護区です。

「エル・グアタロン(El Guatalon)」という農園名は、「グアタル(Guatal)」という言葉に由来しています。グアタルは、中央アメリカの一部の国で使用されているトウモロコシの収穫後に牛の放牧をする土地を指す言葉です。

農園は、ラ・ロマ(La Loma)、エル・クヘ(El Cuje)、ホンジュラス(Honduras)、エル・パフイリ(El Pajuil)、エル・グアタロン(El Guatalón)の5つの区画から構成されています。

農園主はフアレス・ソラレス(Juarez Solares)、ギジェルモ・アントニオ(Guillermo Antonio)です。

父方の祖父であるダニエル・フアレス(Daniel Juarez, 1883 - 1976)は、1910年にこの地域で最初の商業向けコーヒー農園を設立し、ティピカ(Typica)とムンド・ノーボ(Mundo Novo)を栽培しました。

次の世代では、農園主たちの父親であるフアン・アルベルト・フアレス・レイエス(Juan Alberto Juarez Reyes, 1929 - 2012)だけが、コーヒーの商業生産をすることを決め、70年代半ばまでにエル・クヘ区画に4ヘクタールの農園を設立し、パチェ・サン・ラモン(Pache San Ramon)とカツアイ(Catuai)を植えました。

フアレス家は、現在第4世代にコーヒー生産が受け継がれています。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

エル・グアタロン農園は、グアテマラ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2014年に85.42点を獲得し第17位、2016年にパーカス(Pacas)のウォッシュト(Washed)が86.76点を獲得し第16位、2018年にパカマラ(Pacamara)のウォッシュト(Washed)が87.63点を獲得し第15位、2019年にパカマラのウォッシュトが87.8点を獲得し第15位、2020年にパカマラのウォッシュトが87.23点を獲得し第27位、2021年にパカマラのウォッシュトが87.6点を獲得し第20位に入賞しました。

エル・グアタロン農園(Finca El Guatalon):https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/guatemala/fraijanes-plateau/finca-el-guatalon

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事