サザコーヒー:パナマ フィンカ・ヌグオ ヌグオ・パルプト ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第2位

パナマ フィンカ・ヌグオ ヌグオ・パルプト ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第2位

スポンサーリンク

フィンカ・ヌグオ

フィンカ・ヌグオ(Finca Nuguo)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)レナシミエント地区(Renacimiento District)フルトゥンゴ(Jurutungo)に位置する農園です。ラ・アミスタッド国際公園(英語:The La Amistad International Park、スペイン語:Parque Internacional La Amistad)とコスタリカの国境の間に位置しています。

標高1,750m - 1,950mにある農園は、夜間の気温が低く、大西洋からパナマを隔てる山脈を通って冷たい風が吹き付け、雨が多く降ります。これらの条件はコーヒーの生産性を低下させますが、コーヒーに独特の強いフレーバーをもたらします。

フィンカ・ヌグオは、ガヤルド家(Gallardo Family)が経営するカフェ・ガヤルド(Cafe Gallardo)の一部です。農園主はホセ・マヌエル・ガヤルド・アラウス(José Manuel Gallardo Araúz)です。

カフェ・ガヤルドは、1960年代にホセの父親がこの地域でコーヒーの栽培をしたことに始まります。それ以来、農園の標高の低い場所で、ティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)の品種のみを生産していました。しかし2006年までに、ホセはこの農園とゲイシャ(Geisha)の品種に可能性を見出し、ゲイシャの栽培を始めました。現在カフェ・ガヤルドは、パナマで最大のコーヒー生産農園の1つとなっています。

カフェ・ガヤルドは、標高1,000mのラ・サンタ(La Santa)、標高1,100mのサンブラーノ(Zambran)、標高1,200mのギサード(Guisado)、標高1,350mのサンタ・クララ(Santa Clara)、標高1,850mのヌグオ(Nuguo)の5つの農園に区分されています。

フィンカ・ヌグオでは、収穫日と区画ごとにロットを分け、最高品質のマイクロロットを決定します。

コーヒーは小さな手動式のウォッシング・ステーションで精製され、アフリカン・ベッドで乾燥されます。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

ベスト・オブ・パナマ 2021

ヌグオ・パルプト(Nuguo Pulped)は、2021年のベスト・オブ・パナマ(BoP)(Best of Panama)のゲイシャ ウォッシュト(Geisha Washed)部門で93.5点を獲得し第2位に入賞しました。

また、フィンカ・ヌグオは、ヌグオ・ファーメンティド(Nuguo Fermented)が2021年のベスト・オブ・パナマ(BoP)のゲイシャ ナチュラル(Geisha Natural)部門で94.75点を獲得し第1位に輝いています。

スポンサーリンク

サザコーヒー パナマ フィンカ・ヌグオ ヌグオ・パルプト ベスト・オブ・パナマ 2021年 ゲイシャ ウォッシュト部門 第2位

ヌグオ・パルプト

パナマ・ゲイシャの鼻の奥に抜けるようなフレーバーが非常にクリーンに花開きます。冷めてくると、ベルガモットのような酸味が生まれ、はちみつレモンシロップのような口当たりに変化します。パナマ・ゲイシャの特徴が綺麗に感じられるコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事