パナマ カフェ・ガヤルド

パナマ カフェ・ガヤルド

スポンサーリンク

カフェ・ガヤルド

カフェ・ガヤルド(Cafe Gallardo)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)レナシミエント地区(Renacimiento District)のコーヒー会社です。

オーナーはホセ・マヌエル・ガヤルド・アラウス(José Manuel Gallardo Araúz)です。

カフェ・ガヤルドは、1960年代にホセの父親がこの地域でコーヒーの栽培をしたことに始まります。それ以来、農園の標高の低い場所で、ティピカ(Typica)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)の品種のみを生産していました。2006年までに、ホセはこの農園とゲイシャ(Geisha)の品種に可能性を見出し、ゲイシャの栽培を始めました。

カフェ・ガヤルドは、標高1,000mのラ・サンタ(La Santa)、標高1,100mのサンブラーノ(Zambran)、標高1,200mのギサード(Guisado)、標高1,350mのサンタ・クララ(Santa Clara)、標高1,850mのヌグオ(Nuguo)の5つの農園に区分されています。

現在カフェ・ガヤルドは、パナマで最大のコーヒー生産農園の1つとなっています。

スポンサーリンク

フィンカ・ヌグオ

フィンカ・ヌグオ(Finca Nuguo)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)レナシミエント地区(Renacimiento District)フルトゥンゴ(Jurutungo)に位置する農園です。ラ・アミスタッド国際公園(英語:The La Amistad International Park、スペイン語:Parque Internacional La Amistad)とコスタリカの国境の間に位置しています。

フィンカ・ヌグオは、カフェ・ガヤルドを代表する農園です。標高1,750m - 1,950mにあるこの農園は、夜間の気温が低く、大西洋からパナマを隔てる山脈を通って冷たい風が吹き付け、雨が多く降ります。これらの条件はコーヒーの生産性を低下させますが、コーヒーに独特の強いフレーバーをもたらします。

フィンカ・ヌグオでは、収穫日と区画ごとにロットを分け、最高品質のマイクロロットを決定します。コーヒーは小さな手動式のウォッシング・ステーションで精製され、アフリカン・ベッドで乾燥されます。

ベスト・オブ・パナマ(BoP)

フィンカ・ヌグオは、ベスト・オブ・パナマ(BoP)(Best of Panama)において、2015年にエキゾチック ウォッシュト(Exiotic Washed)部門で第1位に輝きました。

2016年にエキゾチック・ウォッシュト部門で第2位、エキゾチック ナチュラル(Exiotic Natural)部門で第2位、イノベーション(Innovation)部門で第1位に輝きました。

2017年にヌグオ・ウォッシュト(Nuguo Washed)がゲイシャ ウォッシュ(Geisha Washed)部門で91.044点を獲得し第7位、ヌグオ・ナチュラル(Nuguo Natural)がゲイシャ ナチュラル(Geisha Natural)部門で92.896点を獲得し第4位に入賞しました。

2019年にヌグオ・ナット(Nuguo Nat)がゲイシャナチュラル & スペシャル・プロセス(Geisha Natural & Special Processes)部門で90.75点を獲得し第18位に入賞しました。

2021年にヌグオ・ファーメンティド(Nuguo Fermented)がゲイシャ ナチュラル(Geisha Natural)部門で94.75点を獲得し第1位に輝きました。

カフェ・ガヤルド Café Gallardo:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/panama/renacimiento/cafe-gallardo

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事