パナマのコーヒー生産地域とその特徴:レナシミエント

パナマのコーヒー生産地域とその特徴 レナシミエント

スポンサーリンク

パナマのコーヒー生産地域

パナマの地図 出典:Specialty Coffee Association of Panama

パナマ(Panama)は、北米大陸と南米大陸を繋ぐ地峡国で、国土が細長く横に広がっています。この地形的特徴によって、カリブ海と太平洋の両方の影響を受け、独特のマイクロクライメイト(微気候)が発生します。気候は高温多湿の亜熱帯、雨季は5月から12月、乾季は1月から4月で、気候は地域ごとに異なります。国土の大部分は山岳地帯で、パナマ西部のチリキ県(Chiriquí Province)にあるバル火山(スペイン語:Volcán Barú)が最高峰です。

バル火山は、16世紀に最後に噴火した成層火山です。 噴火によって周辺の土壌にテフラが散らばったことにより、火山周辺は栄養分が豊富な肥沃な土壌で、コーヒー栽培に理想的な環境となっています。パナマの高品質なアラビカ種は主に、バル火山周辺のチリキ県ボケテ地区(Boquete District)、ティエラ・アルタス地区(Tierras Altas District)、レナシミエント地区(Renacimiento District)で生産されています。また、ボケテ地区と南側で接するドレガ地区(Dolega District)でも、コーヒー生産が行われています。

ロブスタ種は主に、コクレ県(Coclé Province)、パナマ・オエステ県(Panama Oeste Province)、コロン県(Colón Province)、ベラグアス県(Veraguas Province)、エレーラ県(Herrera Province)、ロス・サントス県(Los Santos Province)、ボカス・デル・トロ県(Bocas del Toro Province)、パナマ・エステ県(Panama Este Province)、ダリエン県(Darien Province)などの低地で生産されています。

パナマで栽培されているコーヒーの約70%から80%がアラビカ種で、残りの約20%から30%はロブスタ種です。チリキ県で栽培されるアラビカ種は主に輸出されますが、パナマの低地で栽培されるロブスタ種は主に地元で消費されます。

スポンサーリンク

レナシミエント

レナシミエント地区(Renacimiento District)は、チリキ県西側上部に位置しています。面積529㎢に及び、コーヒー栽培の高いポテンシャルを秘めた地域です。コスタリカの国境を形成し、ラ・アミスタッド国際公園(英語:The La Amistad International Park、スペイン語:Parque Internacional La Amistad)に隣接しています。

レナシミエント地区には、約10の川が流れています。標高600m - 2,500m、非常に湿度の高い熱帯から湿気の多い高地の温帯まで、さまざまな標高と地形が生むマイクロクライメイトにより、多様なコーヒーが生産されます。

レナシミエント地区は、標高の低いリオ・セレノ(Rio Sereno)から標高の高いサンタ・クララ(Santa Clara)まで、8つのコレヒミエント(Corregimiento)で構成されています。スペシャルティコーヒー生産に適切な豊富な雨量があります。総面積4,000ヘクタール以上に及ぶ、約700のコーヒー生産者がコーヒー生産を主な収入源としており、1,2000の正規雇用と40,000以上の非正規雇用を生んでいます。

この地域を代表する組織に、1992年に設立されたレナシミエント生産者協会(APRE)(英語:Association of Producers of Renacimiento、スペイン語:Asociación de Productores de Renacimiento)があり、輸出の促進、コーヒー部門の近代化、コーヒー生産、価格の改善、環境のケア、小規模生産者の生活の質の向上を図っています

レナシミエント地区では、ゲイシャを含む多様な品種を栽培されています。

レナシミエント Renacimiento:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/panama/renacimiento

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事