三本珈琲:インドネシア マンデリン G1 リントン

三本珈琲 インドネシア マンデリン G1 リントンです。

三本珈琲 MITSUMOTO COFFEEは、1957年に創業した神奈川県横浜市神奈川区に本社を置く大手飲料・食品メーカーです。

インドネシア マンデリン G1 リントン

スポンサーリンク

マンデリン G1 リントン

インドネシア マンデリン G1 リントン(Indonesia Mandheling G1 Lintong)は、インドネシア(Indonesia)スマトラ島(Sumatra)北スマトラ州(North Sumatra)リントン・ニフタ(Lintong Nihuta)で生産されたマンデリンです。

精製方法

精製方法はスマトラ式(ギリン・バサ(Giling Basah)、ウェット・ハル(Wet Hulling))です。

スポンサーリンク

三本珈琲 インドネシア マンデリン G1 リントン

インドネシア マンデリン G1 リントン
インドネシア マンデリン G1 リントン

なめらかな苦味としっとりとしたコク、優雅な香りのコーヒー。

三本珈琲

上品な苦味と甘さの香る味わいが印象的です。冷めてくると凝縮感のある酸味が現れ、苦味をベースに酸味が強く感じられる味わいになります。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事