丸美珈琲店:グアテマラ グアタロン農園 フレンチロースト

丸美珈琲店 グアテマラ グアタロン農園 フレンチローストです。

丸美珈琲店(MARUMI COFFEE)は、2006年4月に創業した札幌市のスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に4店舗展開しています。

グアテマラ グアタロン農園 フレンチロースト

スポンサーリンク

エル・グアタロン農園

"A message from Guatemalan coffee producers - Finca El Guatalon",Cup Of Excellence 2020年5月7日.

エル・グアタロン農園(Finca El Guatalon)は、グアテマラ(Guatemala)サンタ・ローサ県(Santa Rosa Department)サンタ・ローサ・デ・リマ(Santa Rosa de Lima)アルデア・ベレン(Aldea Belén)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、フライハネス・プラトー(Fraijanes Plateau)とニュー・オリエンテ(New Oriente)の間に位置しています。

エル・グアタロン農園は、標高1,600m - 1,750m、敷地面積50ヘクタールのうち10ヘクタールでコーヒーが栽培されています。残りは松、ヒノキ、その他の種の自然林保護区です。

「エル・グアタロン(El Guatalon)」という農園名は、「グアタル(Guatal)」という言葉に由来しています。グアタルは、中央アメリカの一部の国で使用されているトウモロコシの収穫後に牛の放牧をする土地を指す言葉です。

農園は、ラ・ロマ(La Loma)、エル・クヘ(El Cuje)、ホンジュラス(Honduras)、エル・パフイリ(El Pajuil)、エル・グアタロン(El Guatalón)の5つの区画から構成されています。

農園主はフアレス・ソラレス(Juarez Solares)、ギジェルモ・アントニオ(Guillermo Antonio)です。

父方の祖父であるダニエル・フアレス(Daniel Juarez, 1883 - 1976)は、1910年にこの地域で最初の商業向けコーヒー農園を設立し、ティピカ(Typica)とムンド・ノーボ(Mundo Novo)を栽培しました。

次の世代では、農園主たちの父親であるフアン・アルベルト・フアレス・レイエス(Juan Alberto Juarez Reyes, 1929 - 2012)だけが、コーヒーの商業生産をすることを決め、70年代半ばまでにエル・クヘ区画に4ヘクタールの農園を設立し、パチェ・サン・ラモン(Pache San Ramon)とカツアイ(Catuai)を植えました。

フアレス家は、現在第4世代にコーヒー生産が受け継がれています。

品種

品種はカツアイ(Catuai)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

エル・グアタロン農園のコーヒーは、天然の水源を利用したエコロジカル・ウェット・ミルで精製されます。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

エル・グアタロン農園は、グアテマラ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2014年に85.42点を獲得し第17位、2016年にパーカス(Pacas)のウォッシュト(Washed)が86.76点を獲得し第16位、2018年にパカマラ(Pacamara)のウォッシュト(Washed)が87.63点を獲得し第15位、2019年にパカマラのウォッシュトが87.8点を獲得し第15位、2020年にパカマラのウォッシュトが87.23点を獲得し第27位、2021年にパカマラのウォッシュトが87.6点を獲得し第20位に入賞しました。

スポンサーリンク

丸美珈琲店 グアテマラ グアタロン農園 フレンチロースト

グアテマラ グアタロン農園 フレンチロースト

産国:グアテマラ
農園主:フアレス ソラレス, ギジェルモ アントニオ
エリア:サンタ ロサ
品種:カトゥアイ

総面積190ヘクタールの農園区画内では、50品目に及ぶ農産物が自生、生産されており、自然森林保護区をも含みエコツーリズムやバードウォッチングが楽しめる農園です。 同農園所有のウェットミルは、天然井戸から水を引いてきており、再循環システムを用い、少ない量での水洗処理が可能となっています。

農園主のフアレス氏は4代60年に渡り行われてきたコーヒー生産の技術や経験を生かし、全てのコーヒーはパティオでの天日乾燥にこだわり、地域ナンバー1とも言われる高品質コーヒーを生み出しています。

丸美珈琲店

表面を焦がさずに芯までしっかりと焙煎した深煎りの豆。
渋み少なくコクのある後味の綺麗な苦みが甘さを伴って消えます

「後藤栄二郎のテイスティング評価」,丸美珈琲店

ニューウェーブドリップの「濃厚なコク・苦味」で抽出すると、はっきりとした苦味と凝縮感のある酸味のあるエスプレッソに近い味わいになります。口当たりは非常に柔らかい印象です。

スポンサーリンク

丸美珈琲店 グアテマラ サン・ペドロ農園

グアテマラ サン・ペドロ農園

サン・ペドロ農園(Finca San Pedro)は、グアテマラ(Guatemala)西部ウエウエテナンゴ県(Huehuetenango Department)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、ハイランド・ウエウエ(Highland Huehue)に区分されます。

非常に柔らかい口当たりの上にクリーンなチョコレートフレーバーが広がります。口当たりの柔らかさと優しい味わいが特に印象的なコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事