工房 横井珈琲:ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメ
スポンサーリンク

工房 横井珈琲 ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメです。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年に創業した北海道札幌市西区発寒に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。オーナーは、横井 力(よこい ちから)です。

ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメ

サントゥアリオ・スル農園

サントゥアリオ・スル農園(Fazenda Santuário Sul)は、ブラジル(Brazil)ミナス・ジェライス州(英語:State of Minas Gerais、ポルトガル語:Estado de Minas Gerais)スル・エ・スドエステ・デ・ミナス・メソ地域(英語:South and Southwestern Minas Mesoregion、ポルトガル語:Sul e Sudoeste de Minas Mesoregion)マンチケーラ・デ・ミナス(Mantiqueira de Minas)カルモ・デ・ミナス(Carmo de Minas)に位置する農園です。標高1.300m、120ヘクタールの農園面積のうち80ヘクタールでコーヒーが栽培されています。

サントゥアリオ・スル農園は、カルモコーヒーズ(CarmoCoffees)の所有農園です。

農園主はルイス・パウロ・ディアス・ペレイラ・フィーリョ(Luiz Paulo Dias Pereira Filho)です。

ルイス・パウロは、ペレイラ家の第4世代です。彼は大学で経営学を修了した後、銀行で経歴を始め、家業を継ぐためにカルモ・デ・ミナスに戻りました。彼は2004年に、彼のいとこであるジャック・ペレイラ・カルネイロ(Jacques Pereira Carneiro)とともに、カルモ・デ・ミナスのスペシャルティコーヒーの推進に焦点を当てたプロジェクトを開始しました。カルモ・デ・ミナスのスペシャルティコーヒーが世界的に評価されるようになったのは、彼の功績によるところが大きいです。

ルイスは、2007年にブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)(英語:Brazil Specialty Coffee Association、ポルトガル語:Associação Brasileira de Cafés Especiais)に加わり、2009年に副会長、2011年から2013年まで会長を努めました。

90+とニュー・フレーバーズ

"New Flavors Project",CarmoCoffees 2016年1月4日.

カルモコーヒーズでは、90+とニュー・フレーバーズ(New Flavors)という2つの教育プログラムを実践しています。

90+では、カッピング・スコア90点以上を超えるコーヒーを生産すること、独自の精製方法を開発することを目標としています。ニュー・フレーバーズでは、伝統的な生産方法の刷新と新しい方法の確立に努め、ブラジルのコーヒー生産の限界と、国際市場でのブラジルのスペシャルティコーヒーのプロファイルを拡大するためのプロジェクトです。

サントゥアリオ・スル農園は、このニュー・フレーバーズの一環として誕生した農園です。

品種

品種はスーダン・ルメ(Sudan Rume)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

工房 横井珈琲 ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメ

ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメ
ブラジル サントゥアリオ・スル スーダン・ルメ

カルモコーヒーズのルイス・パウロさんが営む、COE上位入賞の優良農園。常に市場の最前線に立ち、より良い品質を提供することを目標とするプロジェクトを立ち上げました。様々な品種の栽培、革新的なプロセスを行い、ブラジル産コーヒーの向上に取り組んでいます。

工房 横井珈琲

グレープのようなフレーバーと酸味、ほうじ茶のような味わいと後味が印象的です。エイジングによって、花のようなフレーバーや焦がしキャラメルのような香ばしい甘さが生まれます。異なったタイプの味が両立した味わいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事