グアテマラのコーヒー生産地域とその特徴:フライハネス・プラトー

フライハネス・プラトー

スポンサーリンク

グアテマラのコーヒー生産地域

グアテマラのコーヒー生産地域 出典:Anacafé

グアテマラのコーヒー生産地域は、1960年に設立されたアナカフェ(Anacafé)(英語:Guatemalan National Coffee Association、スペイン語:Asociación Nacional Guatemalteca de Café)によって認定されています。

グアテマラは、行政区画として22の県(英語:Department、スペイン語:Departamento)に分類されています。フライハネス・プラトー(Fraijanes Plateau)は、フライハネス自治体(Fraijanes Municipality)を含むグアテマラ県(Guatemala Department)南部に位置するコーヒー生産地域です。

スポンサーリンク

フライハネス・プラトー

フライハネス自治体

グアテマラ県の旗 出典:Wikipedia

グアテマラ県(Guatemala Department)フライハネス自治体(Fraijanes Municipality)は、グアテマラの首都であるグアテマラ・シティ(Guatemala City)から約23km離れたグアテマラ南東部に位置する自治体です。

フライハネス自治体は、北はサンタ・カタリナ・ピヌラ(Santa Catarina Pinula)、南にサンタ・クルス・ナランホ(Santa Cruz Barberena)、ビジャ・カナレス(Villa Canales)、東にバルベレナ(Barberena)、サンタ・クルス・ナランホ(Santa Cruz Naranjo)、サン・ホセ・ピヌーラ(San José Pinula)、西にビジャ・カナレス、サンタ・カタリナ・ピヌラ(Santa Catarina Pinula)の自治体と国境を接しています。

1767年に、イエズス会がスペイン植民地から追放された後、現在フライハネス自治体のある土地に豊かな牧草地が残されました。その場所は、フアン・ミラン(Juan Milán)とフアン・アルバレス(Juan Alvarez)という2人の司祭に与えられました。これらの司祭は、尊敬と愛の意味を込め、1860年にこの地域を「フレイユ・フアネス(Frailes Juanes)」と改名しました。その名前は「フレイ・フアネス(Fray Juanes)」に変わり、最終的に「フライハネス(Fraijanes)」に変更されました。

フライハネス自治体は、面積91km2、標高1,630mに位置し、気候は温暖です。フライハネス自治体はグアテマラ・シティに比較的近い場所にあるため、コーヒー生産者の家族は都市の成長がコーヒー生産者に与える影響を認識しており、彼らは都市で働き、代わりに生計を立てることもあります。

フライハネス・プラトー

フライハネス・プラトー 出典:Anacafé

フライハネス・プラトー(Fraijanes Plateau)は、軽石の混じる火山性の土壌、非常に高い標高、豊富な降雨量、変わりやすい湿度、活火山が特徴です。 コーヒーが栽培される標高は1,200m - 1,600m、年間を通じて約22℃の温暖な気候です。山頂で湿度60%、年間降雨量1,500mmの気象条件を持っています。

軽石の混じる火山性の土壌と高い標高は、フライハネス・プラトーとアンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)が共有する特徴です。しかし、雨が多く、湿度が高いため、フライハネス・プラトーとアンティグア・コーヒーの気候は非常に異なっています。

フライハネス・プラトーは、グアテマラの3つの活火山で最も活発なパカヤ火山(英語:Pacaya Volcano、スペイン語:Volcán Pacaya)を有しています。パカヤ火山は、この土地に非常に頻繁に火山灰を撒き散らし、土壌に重要なミネラル分を提供します。 乾季には多くの日差しがあります。年間降雨量1,800mmと降水量が多く、早朝には、雲、霧、濃露が出るのが一般的ですが、太陽が昇るとともにそれらはすぐに晴れます。

これらの条件の組み合わせにより、アンティグア産に似た硬質なコーヒー豆が生まれます。また、この地域では、とうもろこし、豆、コーヒーの大規模生産が行われています。

フライハネス・プラトーは、標高の高さ、微気候、地理的影響により、以下の4つの小さな地域に分けることができます。

アマティトラン

アマティトラン(Amatitlán)は、アマティトラン湖(英語:Lake Amatitlán、スペイン語:Lago de Amatitlán)とその周辺地域から構成されています。この地域は他の地域よりも降水量が少なく、湖からの強い風とパカヤ火山の活動からより直接的な影響を受けます。甘いブドウと柑橘系のフレーバーを伴ったまろやかで長く続く酸味が特徴で、キャラメルのような後味で終わります。

フライハネス

フライハネス(Fraijanes)は、寒冷な気候を持つ高原地域であり、グアテマラの寒い季節に吹く恒常的な風、激しい雨、さらには霜によって影響を受けます。明るくさわやかな酸味、ベリー、ストーンフルーツ、ナッツのようなフレーバーが特徴です。

マタケスクイントラ

マタケスクイントラ(Mataquescuintla)は、ハラパ県(Jalapa Department)に位置しています。ニュー・オリエンテ(New Oriente)とフライハネス・プラトーの境に位置するこの地域のコーヒーは、オレンジと甘いミルクチョコレートのような複雑な味わいを持っています。

パレンシア

パレンシア(Palenciaは、グアテマラ・シティの北に位置し、適度な雨量と快晴の日が多い地域です。その起伏の多い地形は、豆から適度に水分を奪い、豆の成長をゆっくりとしたものにし、野生のハチミツやカラメルのような複雑なカップを生み出します。チョコレートのような味わいがあり、後味にはドライフルーツのようなフレーバーが残ります。

このようなカップ・プロファイルの多様性は、フライハネス・プラトーの最大の資産の1つであり、高度な精製によって自然が生み出す香味の変化を引き出しています。

品種

フライハネス・プラトーの主な栽培品種は、ブルボン(Bourbon)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)、パチェ(Pache)です。

収穫時期

収穫時期は12月から2月です。

フライハネス・プラトーのカップ・プロファイル 出典:Anacafé

フライハネス・プラトーのコーヒーは、豊かな香りを伴ったはっきりとしたボディ、明るく持続的な酸味が特徴です。味の特徴は、農園や品種、精製方法によって異なります。

フライハネス・プラトー(Fraijanes Plateau):https://real-coffee.net/category/coffee-origin/central-america/guatemala/fraijanes-plateau

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事