コーヒーの品種:パーカス
スポンサーリンク

コーヒーの品種 パーカス

パーカス

品種

パーカス(Pacas)は、1949年にエルサルバドル(El Salvador)サンタ・アナ県(Santa Ana Department)のパーカス家(Pacas Family)で発見されたブルボン(Bourbon)の突然変異種です。

歴史

1949年に発見された後、1960年にエルサルバドルコーヒー研究所(ISIC)(Instituto Salvadoreño de Investigaciones del Cafe)が系統選抜を始めました。現在もエルサルバドルで広く栽培されており、エルサルバドルのコーヒー生産量の約25%を占めています。また、1974年にホンジュラスコーヒー機関(IHCAFE)(Instituto Hondureño del Cafe)によって導入されたホンジュラスでも栽培されています。

特徴

パーカスは、ブラジルのカツーラ(Caturra)やコスタリカのビジャサルチ(Villa Sarchi)と同様に、ブルボンの突然変異種です。これらのブルボンの突然変異種と同様に、樹高が低く、横枝が短いため、作付けを増加させ、収量を増やすことができます。ブルボンの矮性種で、豆は比較的小粒です。

Pacas - Arabica Coffee Varieties:https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/pacas

パーカス Pacas:https://real-coffee.net/category/varieties/pacas

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事