丸山珈琲:グアテマラ ロヘール・エデルフォ

丸山珈琲 グアテマラ ロヘール・エデルフォです。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEEは、長野県北佐久郡軽井沢町に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

グアテマラ ロヘール・エデルフォ

スポンサーリンク

ラ・ベンディシオン農園

ラ・ベンディシオン農園(Finca La Bendicion)は、グアテマラ(Guatemala)ウエウエテナンゴ県(Huehuetenango Department)ラ・リベルタード自治体(La Libertad Municipality)エル・パライソ(El Paraiso)に位置しています。コーヒー生産地域としては、ハイランド・ウエウエ(Highland Huehue)に区分されます。

農園主は、エデルフォ・イダルゴ・ドン・ロヘール(Edelfo Hidalgo Don Roger)氏です。

ドン・ロヘール氏は、1970年代に学校の教師になりました。その後、彼は教育のために地元のコミュニティの戻りましたが、教育以上のことをしたいと思い、お金をためてコーヒー畑を購入しました。数年後、彼と彼の家族はエル・パライソに定住しました。

ラ・リベルタード自治体には、ハイランド・ウエウエを代表するエル・インヘルト農園(Finca El Injerto)があります。ドン・ロヘール氏は、エル・インヘルト農園のオーナーから土地を購入した際、スペイン語で「神の恵み(the Blessing)」を意味する「ベンディシオン(Bendicion)」という名前を農園に付けました。

ドン・ロヘール氏は、丸山珈琲と2012年から取引をしています。

品種

品種はブルボン(Bourbon)、カツーラ(Caturra)、カツアイ(Catuai)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

丸山珈琲 グアテマラ ロヘール・エデルフォ

ロヘール・エデルフォ
ロヘール・エデルフォ

国:グアテマラ共和国
地域:ウエウエテナンゴ県 ラ・リベルタッド エル・パライソ
生産者:ロヘール・エデルフォ・イダルゴ
農園:ラ・ベンディシオン
標高:1,720~1,800 m
農園面積:20 ha
コーヒー栽培面積:12 ha
品種:ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ
生産処理:ウォッシュト / 機械乾燥
収穫時期:12月~3月
お取引開始年:2012年

丸山珈琲

焙煎は中煎りです。

オレンジ、青りんごの風味。丸みのある口当たり。

丸山珈琲

ゲイシャのような華やかなフレーバーが花開き、冷めてくるとオレンジのような酸味が残ります。ブルボン系統の品種にもかかわらず、非常に華やかなフレーバーを持っており、後に残らないクリーンな味わいが印象的です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事