丸美珈琲店:グアテマラ ススピロス農園

丸美珈琲店 グアテマラ ススピロス農園です。

丸美珈琲店(MARUMI COFFEE)は、2006年4月に創業した札幌市のスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に4店舗展開しています。

グアテマラ ススピロス農園

スポンサーリンク

ロス・ススピロス農園

ロス・ススピロス農園(Finca Los Suspiros)は、グアテマラ(Guatemala)ウエウエテナンゴ県(Huehuetenango Department)ラ・リベルタード(La Libertad)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、ハイランド・ウエウエ(Highland Huehue)に区分されます。

農園名の「ロス・ススピロス(Los Suspiros)」は、スペイン語で「ため息」を意味しています。素晴らしい景色を堪能するために立ち止まるたびに、新鮮な風を感じることができるからです。

ロス・ススピロス農園は、1930年代初頭にフアン・パラシオス(Juan Palacios)によって設立されました。彼はコーヒーノキを植え、トウモロコシやタバコも栽培していました。その頃、フアンはコーヒーをラバに積み、5日間かけてウエウエテナンゴ市まで収穫物を運んでいました。フアンは農園を一人息子のアマデオ(Amadeo)に遺し、アマデオはコーヒー生産のみに移行しました。1997年、アマデオは70ヘクタールの農地を孫のアクセル・パラシオス(Axel Palacios)に譲りました。

ロス・ススピロス農園は現在、パラシオス家の4代目となるアクセル(Axel)に引き継がれており、スペシャルティコーヒーの生産に専念しています。アクセルは、幼なじみのフレディ・モラレス(Fredy Morales)とアレハンドロ・モラレス(Alejandro Morales)とともに、彼らの家族経営の農園であるロズマ農園をスペシャルティコーヒーの輸出業者ロズマ・コーヒー・ランド(Rosma Coffeelands)に拡大しました。

現在、アクセルとモラレス兄弟は、ロズマ・コーヒー・ランドの一部としてロス・ススピロス農園を経営しています。

スポンサーリンク

丸美珈琲店 グアテマラ ススピロス農園

グアテマラ ススピロス農園

<このコーヒーについて>
新年度のグアテマラのコーヒーが入荷いたしました。

このコーヒーはウエウエテナンゴエリアの中でも特に高品質コーヒーを生産するリベルタ地区のススピロス農園から選りすぐり厳選されたスモールロットのコーヒーです。

COE(Cup of Excellence)のヘッドジャッジを数多くつとめ、現地のスペシャルティーコーヒー輸出業者の代表でもあるエドワルド氏と長年に渡り品質を高める為の生産方法について議論を交わしてきた結果、素晴らしい味わいのコーヒーの生産を実現することに成功しました。

丸美珈琲店

ビターチョコレートを思わせるほろ苦さ
後味にはキャラメルの様なしっかりとした甘さを感じられます

「後藤栄二郎のテイスティング評価」,丸美珈琲店

チョコレートのようなボディにオレンジのような酸味が広がります。グアテマラらしい爽やかな酸味と中庸な味わいが印象的な飲みやすいコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事