カフェテナンゴ:グアテマラ ロズマ農園 ロズマラゴ

カフェテナンゴ グアテマラ ロズマ農園 ロズマラゴです。

カフェテナンゴ(Cafetenango)は、2008年に創業した東京都世田谷区の中米スペシャルティコーヒー専門店です。店主の栢沼 良行(かやぬま よしゆき)が直接現地の農園に赴き、信頼関係を築いた農園からコーヒーを買い付けています。

グアテマラ ロズマ農園 ロズマラゴ

スポンサーリンク

ロズマ農園

ロズマ農園(Finca Rosma)(または、ロスマ農園)は、グアテマラ(Guatemala)ウエウエテナンゴ県(Huehuetenango Department)サン・ペドロ・ネクタ(San Pedro Necta)に位置しています。コーヒー生産地域としては、ハイランド・ウエウエ(Highland Huehue)に区分されます。

ロズマ農園は、ロスマ・コーヒー・ランド(ROSMA COFFEE LAND)の所有農園です。

品種

品種はロズマラゴ(Rosmarago)です。

ロズマラゴは、マラゴジッペ(Maragogype)とパカマラ(Pacamara)の混合ロットです。

ブルボン、カツアイをはじめとして様々な品種を栽培しているロズマ農園。1550m~1650mの区画にマラゴジペとパカマラがあります。この2つの混合ロットが『ロズマラゴ』と呼ばれています。

過去のカップオブエクセレンスでは、何度も入賞しているこの農園の看板ロットです。

カフェテナンゴ

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

カフェテナンゴ グアテマラ ロズマ農園 ロズマラゴ

グアテマラ ロズマ農園 ロズマラゴ

複数回のCOE受賞歴があるロズマの看板ロット。熟したオレンジ、キャラメルが香るバランスの良い液体。つるつるとした滑らかな舌触りが本当に心地よいです。
日本で最初にこれを販売したのはカフェテナンゴ。

カフェテナンゴ

チョコレートのようなボディをベースに、キャラメルオレンジのような甘さと酸味が広がります。シルクのように滑らかでエレガントな味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事