コーヒーカウンティ:コロンビア ウィリアル・ホベン コパ・デ・オクシデンテ 2021年

コーヒーカウンティ コロンビア ウィリアル・ホベン コパ・デ・オクシデンテ 2021年です。

コーヒーカウンティ(COFFEE COUNTY)は、2013年11月に福岡県久留米市にオープンしたスペシャルティコーヒー店です。代表は森 崇顕(もり たかあき)です。

コロンビア ウィリアル・ホベン コパ・デ・オクシデンテ 2021年

スポンサーリンク

ウィリアル・ホベン

ウィリアル・ホベン(Wiliar Joven)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)エル・ピタル市(El Pital Municipality)サンタ・ローサ(Santa Rosa)のコーヒー生産者です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

このロットは、2021年10月末に開催されたコパ・デ・オクシデンテ(Copa de Occidente)で、11位〜20位に入賞したロットです。コパ・デ・オクシデンテは、ウィラ県西部のコーヒー生産者を支援する目的で、オシト・コーヒー(Copa de Occidente)が立ち上げた品質コンテストです。コーヒーカウンティの森 崇顕(もり たかあき)は、審査員としてこのコンテストに参加しました。

ウイラはまさにオシト・コーヒーの故郷であり、私たちが最も力を入れている場所です。私たちはコロンビア全土のコーヒー農家と仕事をしていますが、何度も何度も足を運びたくなるのは、このウイラの素晴らしいコーヒーの数々を見るためです。ホセをはじめとするコロンビアのスタッフが現地にいるからこそ、私たちのビジネスの核であるコーヒー生産者との関係を維持することができるのです。この生産者なしには、私たちは生きていけないのです。さらに、ロースターと農家は直接会って話をしたいというニーズがあり、世界情勢が以前より安全になっていることを感じて、「コパ・デ・オクシデンテ」というまったく新しい品質コンテストを立ち上げることにしました。このコンクールは2021年10月末に開催され、私たちはその評判を誇りに思います。

オクシデンテとは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、「西」という意味です。コパ・スアセナでは、スアサ地区とディビーノ・ニーノ生産者グループに焦点を当てましたが、この新しい品評会は、私たちが一緒に仕事をしているウィラの西部の素晴らしい生産者に報いるためのものでした。ラ・プラタ、エル・ピタル、ナタガ、パイコル、そして国境を越えたカウカ県から1ロット、合計42の応募がありました。すべてのロットを試飲し、それぞれの生産者のコーヒーの違いを実感することができたのは、本当に素晴らしいことでした。

Huila is truly the home of Osito Coffee - it is where we started and where we continue to put our greatest focus. While we work with coffee farmers across Colombia, it is this magnificent variety of coffees in Huila that keeps drawing us back time and time again. With Jose and our team in Colombia on the ground, we are able to maintain the relationships with coffee producers that are at the heart of our business. We literally couldn't survive without these farmers. What’s more, we know full well that roasters and farmers alike want to connect in person and feeling that the global situation is safer than it's been in the past we decided to launch a brand-new quality competition called Copa de Occidente! The competition took place at the end of October 2021 and we couldn't be prouder with its’ reception.

Occidente, as some of you may realise, means West. While our Copa Suacena focused on the area of Suaza and the Divino Nino producer group; this new competition was to pay our dues to the great producers we work with in the Western parts of Huila. In the end, we received 42 submissions from farms in La Plata, El Pital, Nataga, Paicol, and even one lot that snuck in from just across the border in Cauca Department. It was truly fantastic to try each and every lot and to really appreciate just how different each producer’s coffee is.

"COPA DE OCCIDENTE",Osito Coffee 2021年11月19日.

品種

品種はカスティージョ(Castillo)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

コーヒーカウンティ コロンビア ウィリアル・ホベン コパ・デ・オクシデンテ 2021年

コロンビア ウィリアル・ホベン

2021年10月末に現地に赴き、審査員として参加したCopa de Occidente というコンペティションのロットです。Copa de Occidente はコロンビアのウィラ、ガルソンを拠点とするエクスポーター Osito Coffee が主催するリージョナルコンペティションでウィラ県の西部のエリア(La Plata, El Pital, Paicol など)の小規模生産者にフォーカスしています。

今回コーヒーカウンティとしては、Osito Coffee からCopa de Occidente ロットを中心にコーヒー生豆を初の自社輸入により買い付けました。カウカ県との県境近くのウィラ西部エリアは急峻な山岳地形が特徴的で、世界的にはまだまだ有名ではないですが、素晴らしいコーヒーを産出しています。このエリアの生産者と継続的な関係を築いていければと考えています。

ウィリアル・ホベンさんのこのコーヒーはCopa de Occidente にて11~20位となったロットです。36年ほどコーヒー生産に従事するベテランの生産者で、カスティージョ種をメインで栽培していますが、最近ではピンクブルボン種の栽培にも着手するなどチャレンジ精神も旺盛です。

ダークローストでのリリースです。カスティージョ種ならではの厚みあるボディに、ダークチョコレートのフレーバー、アプリコットのドライフルーツのような風味も感じられます。キレ良く引き締まった後味が印象的です。

コーヒーカウンティ

ダークチョコレートのようなボディととろみと厚みのある口当たり、紫プラムのような酸味が印象的です。厚みのあるリッチな口当たりが印象的な味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事