工房 横井珈琲:ブラジル ぺドラ・プレタ ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第9位

工房 横井珈琲 ブラジル ぺドラ・プレタ ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第9位です。

工房 横井珈琲(YOKOI COFFEE)は、1996年創業の札幌市西区に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に2店舗展開しています。

ブラジル ぺドラ・プレタ ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第9位

スポンサーリンク

ぺドラ・プレタ農園

ぺドラ・プレタ農園(Fazenda Pedra Preta)は、ブラジル(Brazil)ミナス・ジェライス州(英語:State of Minas Gerais、ポルトガル語:Estado de Minas Gerais)スル・エ・スドエステ・デ・ミナス・メソ地域(英語:South and Southwestern Minas Mesoregion、ポルトガル語:Sul e Sudoeste de Minas Mesoregion)マンチケーラ・デ・ミナス(Mantiqueira de Minas)イエズニア(Jesuânia)に位置する農園です。標高1,240m、30ヘクタールの農園面積のうち30ヘクタールでコーヒーが栽培されています。

農園主はクラウディア・マリア・カルネイロ・ブスタマンテ・サンタナ(Cláudia Maria Carneiro Bustamante Santana)です。彼女はブスタマンテ家の第4世代のコーヒー生産者であり、マンチケーラ・デ・ミナス地域女性コーヒー起業家協会(AMECAFÉ)(Association of Entrepreneur Coffee Women from Mantiqueira Region)で活動しています。

ぺドラ・プレタ農園は、19世紀から20世紀への変わり目に、イエロー・ブルボン(Yellow Bourbon)が植えられ、この地域で最初のコーヒー農園の1つとして設立されました。2016年にアントニオ・フォルテス・ブスタマンテ(Antônio Fortes Bustamante)によって買収された後、彼の娘のクラウディアはぺドラ・プレタ農園でコーヒー生産を始めました。彼女はコーヒー生産に専念するために、法律の仕事を辞め、マットグロッソ州シノプを去り、ミナス・ジェライス州に戻ってきました。

アントニオ・フォルテスは、カルモコーヒーズ(CarmoCoffees)のパライーゾ農園(Fazenda Paraíso)の所有者であり、クラウディアも農園経営を手伝ってます。

カルモ・ベスト・カップ 2017

"LEILÃO | Faltam poucos dias para envio de amostras do Best Cup",TV Alterosa - Sul e Sudoeste de Minas 2017年8月22日
"Filme Carmo Best Cup 2017",CarmoCoffees 2017年10月10日.

ぺドラ・プレタ農園は、カルモコーヒーズの品評会であるカルモ・ベスト・カップ 2017(Carmo Best Cup 2017)で第1位に輝き、ミナス・ジェライス州のベスト・カップに選ばれました。

カップ・オブ・エクセレンス 2020

このロットは、2020年のブラジル カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で88.76点を獲得し第9位に入賞しました。

品種

品種はカツカイ 2SL(Catucaí 2SL)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

このロットは、手作業で選別され、セメントのパティオで2日間乾燥させました。その後、グリーンハウスに移し、倉庫で保管するために理想的な水分含有量まで、1日に数回攪拌しながら乾燥させました。

スポンサーリンク

工房 横井珈琲 ブラジル ぺドラ・プレタ ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第9位

ブラジル ぺドラ・プレタ
ブラジル ぺドラ・プレタ

生産者クラウディアさんの物語は、彼女がマトグロッソ州の都市シノプを離れ、ミナス・ジェライス州に戻ってきたところから始まります。

クラウディアさんは、惚れ込んだコーヒー生産に、完全に専念するために法律家を辞め、2016年に「シティオ・ペドラ・ペトラ」での活動を開始しました。

父親のアントニオ・フォルテス・ブスタマンテさんに倣い、品質、生産性、労働者の幸福、環境保護を重視するクラウディアさんは、BSCA(ブラジル・スペシャルティコーヒー協会)主催の様々な賞を受賞し、2017年には、カルモ・デ・ミナス地域で最も優れたコーヒーを選出するコンテスト「ベスト・カップ・カルモ・コーヒーズ」で1位を獲得しました。

クラウディアさんは、AMECAFÉ(マンチケイラ・デ・ミナス地域女性コーヒー起業家協会)で活躍されています。家族で4世代目のコーヒー生産者のお一人です。

彼女の娘たちもまた、コーヒーという素晴らしい世界で人生を歩み始めていますが、彼女達は、まだ大学生でもあり農園での活動に積極的には参加していません。

娘さんの1人はUFLA(ラブラス国立大学)で農学を学び、コーヒー研究グループ(QICafé)にも参加しており、もう1人の娘さんは獣医学を研究しています。

クラウディアさんは、農学者の指示のもと新しい植栽のための地域分析から、農業資材の購入、生産の全体的な管理、農園管理、収穫、収穫後の商品化まで全てのプロセスに参加しています。

今回のコンペティションに選ばれたコーヒーは、手作業で厳選された豆をセメントのパティオで2日間乾燥した後、温室(グリーンハウス)に移され、倉庫での保管に最適な湿度に達するまで、1日のうちに数回の攪拌を経て乾燥されました。

クラウディアさんは、トレーニングコース、ワークショップなどを通じて常に新しい知識や技術を求め、品質や生産性の向上だけでなく、働く方々の健康や、環境保全にも配慮しています。

工房 横井珈琲

OverallCoating, Complex tropical fruit, Intense, Thick
Aroma/FlavorBlack Tea (5), Herby (4), Mango (4), Citrus (3), Melon (3), Passion Fruit (3), Apple (2), Berry jam (2), Black Currant (2), Cucumber (2), Dark Chocolate (2), Grape (2), Grapefruit (2), Pineapple (2), Tangerine (2), Black Cherry, Blackberry, Bright, Cacao, Cedar, Chocolate, Cocoa, Cocoa Powder, Cooled slight cedar, fruit punch, Garden Peas, Grapefruit pink, Guava, Hazelnut, Honey, Jasmine, Juice, Juicy, Lasting acidity, Lemon & Lime, Mel, Melaço, Oaky, Pithy, Raisin, Rapadura, Red wine, Stone Fruit, Sweet, Sweet & Sugary, Tart, Tropical Fruit, Walnut, Watermelon
AcidityMalic Acid (3), Green Apple (2), Tartaric acid (2), Citrus, Lemon, Tangy
88.76

オレンジ、金柑、花、ハーブの印象
ベルベットのような質感、べっこう飴の甘さ

工房 横井珈琲

べっこう飴のような甘いフレーバーと滑らかな口当たりが印象的です。温かい状態では、べっこう飴のような特徴的な味わいが前面に感じられますが、冷めてくると味の印象が薄くなり、酸味と発酵臭が感じられるようになってきます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事