いわい珈琲:コスタリカ ブルマス ビジャ・サルチ

いわい珈琲 コスタリカ ブルマス ビジャ・サルチです。

いわい珈琲は、札幌市にあるスペシャルティコーヒー店です。豊平区月寒東にいわい珈琲 月寒店、北区あいの里にカフェ・ヒュッテの2店舗があります。

コスタリカ ブルマス ビジャ・サルチ

スポンサーリンク

ベネフィシオ・ブルマス・デル・スルキ株式会社

"Café Brumas del Zurquí - Costa Rica",Beneficio Brumas del Zurquí 2013年2月2日.

ベネフィシオ・ブルマス・デル・スルキ株式会社(Beneficio Brumas del Zurquí S.A.)は、コスタリカ(Costa Rica)エレディア州(Heredia Province)サン・イシドロ・カントン(San Isidro Cantón )にあるマイクロミル兼輸出業者です。この地域がブラウリオ・カリージョ国立公園(英語:Braulio Carrillo National Park、スペイン語:Parco Nazionale Braulio Carrillo)のスルキ山(Cerro Zurquí)に近いことから、「ブルマス・デル・スルキ(スルキ山の霧)」と呼ばれています。コーヒー生産地域としては、セントラル・バレー(Central Valley)に区分されます。

オーナーは、ファン・ラモン・アルバラード・ロドリゲス(Juan Ramon Alvarado Rodriguez)氏です。

ロドリゲス・カルバロ家(Rodríguez Carballo Family)は、1890年から続くコーヒー生産者一家です。1890年にファン・ラモンの曽祖父がコーヒー栽培を始め、協同組合とともに働いてきました。

ファン・ラモンは、コスタリカのアース大学(EARTH University)で農学を学んだ後、ドイツのコーヒー輸入業者で8ヶ月間働き、その後メキシコで3ヶ月働きました。彼がメキシコにいたとき、父親が病に倒れたため、彼はコスタリカに戻り、畜産の仕事に携わりました。 コーヒーの価格が下落していた2000年に、ファン・ラモンは病気で働けなくなった父親の代わりに、自分たち兄弟でマイクロミルを設立しコーヒー生産をすることに決めました。彼らが設立したマイクロミルは、コスタリカ国内で2番目のマイクロミルとなりました。初年度の収穫は、イタリアへ輸出するためにコスタリカコーヒー研究所(ICAFE)に渡されました。2002年からアジアへの輸出を始め、日本はベネフィシオ・ブルマス・デル・スルキ株式会社の主要な取引相手となりました。

ファン・ラモンはまた、他のスペシャルティコーヒー生産者と協力して、エクスクルーシブ・コーヒーズ(Exclusive Coffees)の設立に携わりました。

ナマ・カフェ・デ・コスタリカ(NAMA Café de Costa Rica)

ベネフィシオ・ブルマス・デル・スルキ株式会社は、2018年からナマ・カフェ・デ・コスタリカ(NAMA Café de Costa Rica)に参加しています。

品種

品種はビジャ・サルチ(Villa Sarchi)です。

精製方法

精製方法はレッド・ハニー(Red Honey)です。

スポンサーリンク

いわい珈琲:コスタリカ ブルマス ビジャ・サルチ

セントラルバリー地区の標高1,600mに位置するマイクロミル。品種はヴィジャサルチ、生産処理はレッドハニー。黒糖のような甘さとクリーミーなコク、プルーンやナッツの様な風味もあり、長く心地よい甘さが続きます

いわい珈琲
コスタリカ ブルマス

蜂蜜のようなとろみのある口当たりと甘さ、レーズンやプルーンのよう濃厚な味わいが印象的です。とろみのある口当たりが全体の印象を包み込んでいます。

<参考>

Beneficio Brumas del Zurquí S.A.<https://www.cafebrumasdelzurqui.cr/>

"Meet Juan Ramón Alvarado",EARTH University<https://www.earth.ac.cr/en/support-earth/conoce-a-juan-ramon-alvarado/>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事