カフェ ランバン:エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダ

カフェ ランバン エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダ

スポンサーリンク

イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダ

イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダは、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)ゲデオ地方(Gedeo Zone)コチェレ郡(Kochere Woreda)ケディダ住民自治組織(Kedida Kebele)で生産されたナチュラル精製のコーヒーです。コーヒー生産地域としては、イルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)に区分されます。

このロットは、K. ミケデム総合輸出入会社(K. Mikedem General Import And Export Enterprise)の取り扱いです。K. ミケデム総合輸出入会社は、アディス・アベバにある民間企業で、エチオピアの農産物を世界各国に輸出しています。

品種

品種はウォリショ(Wolisho)、デガ(Dega)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

カフェ ランバン エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダ

エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダ

当店初入荷。エチオピアの有名産地の1つとして知られているコチャレ。コチャレという名称は聞いたことがあると思います。そのエリアの中の"ケディダ村”と”イルガチェフェ村"のみで収穫されたクセの少ないナチュラルロットです。エチオピアコーヒーの特徴である華やかな香りがフワッと香ります。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。エチオピア イルガチェフェ G-1 ナチュラル ケディダは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

ストロベリーのようなフレーバーに紅茶のような透き通った味わいが印象的です。後味にモカっぽい印象が残ります。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

ジャスミンのようなフローラルフレーバー、ストロベリーのような酸味、透き通った口当たり、後味にモカっぽい印象が残ります。フレーバーの華やかさが最も豊かに感じられる焙煎度です。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

深煎りの甘さとボディ感ある味わいが印象的です。浅煎り、中煎りよりもボディ感が増してますが、すっきりとした味わいです。

<参考>

「イルガチャフェG‐1 ナチュラル ケディダ」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2748.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事