スターバックス リザーブ®:コロンビア モンクス オブ サンロケ

スターバックス リザーブ® コロンビア モンクス オブ サンロケです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

コロンビア モンクス オブ サンロケ

スポンサーリンク

モンクス オブ サンロケ

オポラパ市

モンクス オブ サンロケ(Monks of San Roque)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)オポラパ市(Oporapa Municipality)サンロケ(San Roque)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

「オポラパ(Oporapa)」という自治体の名前は、先コロンブス期にこの場所に住んでいたオポラパ(Oporapas)またはオポラベ(Oporabes)という先住民に由来しています。

オポラパは、ウィラ県の中でも観光地として知られています。豊富な水に恵まれた地理的条件で、農業活動が盛んです。オポラバでは、ラス・ピサラス(Las Pizarras)以外のすべての自治体でコーヒーが生産されています。

オポラパのサン・ロケ(San Roque)という地域では、約100軒の生産者がコーヒーを栽培しています。

サン・ロケのフランシスコ会の教会

"La Hermita de los Franciscanos en Oporapa",TV Laboyana 2015年7月14日.

サン・ロケには、コロンビアで3ヵ所しか残っていないフランシスコ会の教会(Monasterio Franciscanos)が残っています。このフランシスコ会の教会は、コーヒー農園を見下ろす丘の上に建っており、毎週日曜日の早朝になると大勢の人が集まってきます。

品種

品種はカツーラ(Caturra)、カスティージョ(Castillo)、コロンビア(Colombia)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® コロンビア モンクス オブ サンロケ

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

コロンビア モンクス オブ サンロケ

※ラベルデザイン
このカードのデザインは、コロンビアでたった3か所にしか残っていないフランシスコ会の教会の一つで、コーヒーが栽培される丘の上に建つ、質素な修道院から着想を得ています。この地域において僧侶や修道院は、文化、農業、経済的発展において、生産者たちに深く影響を及ぼしてきました。その、生産者たちに綿々と受け継がれている信仰とコーヒー栽培の伝統を、大地を思わせる色味と教会の建物が表現しています。

スターバックス
コロンビア モンクス オブ サンロケ

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

コロンビア モンクス オブ サンロケは、スターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

ナッツのようなフレーバーとキャラメルのような甘さが印象的です。ミディアムボディで、甘さと苦味のバランスの取れたコーヒーです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事