カフェ ランバン:グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

カフェ ランバン グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

スポンサーリンク

プラン・デル・グアヤボ農園

プラン・デル・グアヤボ農園(Finca Plan del Guayabo)は、グアテマラ(Guatemala)フティアパ県(Jutiapa Department)に位置しています。コーヒー生産地域としては、ニュー・オリエンテ(New Oriente)南部に区分されます。

プラン・デル・グアヤボ農園は、フティアパ県のボルカン・スチタン(Volcán Suchitan)という、ニュー・オリエンテに特徴的な非常に険しい山の斜面に位置しています。南西向きの斜面、標高1,500m - 1,675m、年間降雨量1,500mm、比較的乾燥した場所です。

ベンジャミン・ドナド 出典:アタカ通商

プラン・デル・グアヤボ農園は、ベンジャミン・ドナド(Benjamin Donado、通称ドン・ベンジャミン(Don Benjamin))氏が、1990年に創業した農園です。ドン・ベンジャミン氏は、2019年現在で70歳、アメリカ帰りの43歳の息子パブロ氏とともに、コーヒーを栽培しています。

農園名の「プラン・デル・グアヤボ(Plan del Guayabo)」とは、スペイン語で「グアバ平原」を意味しますが、農園は平原というより渓谷というべき山の急な斜面にあります。非常に険しい傾斜のため、コーヒー栽培は難しい環境と考えられていましたが、ドン・ベンジャミン氏はこの厳しい環境で見事に農園を作り上げました。

彼は28ヘクタールの土地からコーヒー栽培を始め、現在は72ヘクタールの面積があります。

このロットは、アタカ通商の取り扱いです。アタカ通商が、2010年9月に農園を視察した見聞録が以下のリンクから参照できます。

グァテマラ農園視察ツアー その⑯:http://www.specialtycoffee.jp/topics/1653.html

グァテマラ農園視察ツアー その⑰:http://www.specialtycoffee.jp/topics/1655.html

グァテマラ農園視察ツアー その⑱:http://www.specialtycoffee.jp/topics/1656.html

品種

パカマラ 出典:アタカ通商

品種はパカマラ(Pacamara)です。

パカマラは、現地ではマラパカとも呼ばれているそうです。

プラン・デル・グアヤボ農園では、パカマラの他に、カチモール(Catimor)、カツアイ(Catuai)、SL-28が栽培されています。

シェードツリー 出典:アタカ通商

コーヒーは、シェードツリーの日陰で栽培されています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

パカマラは、浅煎りではフルーティーな果実感のあるフレーバーが特徴ですが、深煎りになるとダークチョコレートのような深く濃厚な甘さとボディが加わり、両者が濃縮され渾然一体となった複雑な味わいのコーヒーとなります。

スポンサーリンク

カフェ ランバン グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

プランデルグアヤボのパカマラ2018/2019クロップが入荷しました。標高1,500m~1,675mの急な傾斜で作られたコーヒーはクリアな酸味とジュースのような甘みがあります。今年のデルグアヤボのパカマラは非常に出来が良いです。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)、極深煎り(イタリアンロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

ミックスジュースのような果実感のあるフレーバーと明るい酸味が印象的です。浅煎りのため、ボディや苦味は薄く、フレーバーの印象がより引き立っています。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

浅煎り同様に、ミックスジュースのような果実感のあるフレーバーと明るい酸味が印象的です。中煎りになると、果実感のある甘さが強くなり、よりバランスの良いコーヒーに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

深煎りになるとダークチョコレートのような深く濃厚な甘さとボディが加わり、果実感のあるフレーバーと渾然一体となった印象を生み出します。浅煎りのすっきりとした明るい印象とは異なった、深く濃厚で複雑な味わいです。

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎りになると、ダークチョコレートのような濃厚な甘さを伴った苦味が支配的となります。極深煎りですが、あくまでも軽やかな印象です。

<参考>

「プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2261.html>

「プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/1522.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事