ルワンダ シンビ・コーヒー・インベストメント社
スポンサーリンク

ルワンダ シンビ・コーヒー・インベストメント社

シンビ・コーヒー・インベストメント社

シンビ・コーヒー・インベストメント社(SIMBI COFFEE INVESTMENT LTD.)は、ルワンダ(Rwanda)南部州(Southern Province)フエ県(Huye District)シンビ群(Simbi Sector)のコーヒー会社です。

シンビ・コーヒー・インベストメント社は、シンビ群チェンダジュル地区(Cyendajuru Cell)で、シンビ コーヒー・ウォッシング・ステーション(Simbi CWS)(Simbi Coffee Washing Station)(以下シンビ CWS)を運営しています。

シンビ CWSは、シンビ・コーヒー・インベストメント社がこの地域で初めて建設したコーヒー・ウォッシング・ステーション(CWS)です。オーナーのアブドゥル・ルダフングワ(Abdul Rudahunga)は、コーヒー農家の祖母から薦められ、コーヒー事業に参入しました。

シンビ CWSは、2011年から2012年に建設され、2013年に初運用されました。1年目の2023年にカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で第9位に入賞しました。この栄誉に刺激され、オーナーは生産量を増やしながら高品質を維持することに注力するようになりました。

"Meet the women of Imbereheza Cooperative",The New Times Rwanda 2021年9月16日.

現在、シンビ(Simbi)、マラバ(Maraba)ソヴ(Sovu)、キゴマ(Kigoma)の各セクターの250のメンバーで構成されるインベレへーザ協同組合(Imbereheza Cooperative)のブルボンや、シンビ・セクターの近隣、マラバ・セクターのブルメラ(Buremera)やシャンガ(Shanga)の各セルで栽培されるコーヒーを処理しています。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

シンビ CWSは、ルワンダ カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2013年にブルボン(Bourbón)のウォッシュト(Washed)が86.78点を獲得し第9位、2015年にブルボンのウェット・プロセス(Wet Process)が88.89点を獲得し第7位、2018年にブルボンのウォッシュトが87.62点を獲得し第17位に入賞しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事