丸山珈琲:エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位

丸山珈琲 エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位です。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEEは、長野県北佐久郡軽井沢町に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位

スポンサーリンク

ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード株式会社

ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード株式会社(Rumudamo Coffee Industry Trade PLC)は、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)シダマ地方(Sidama Zone)アルベゴナ群(Arbegona Woreda)ルルダモ住民自治組織(Rumudamo Kebele)に拠点を置くコーヒー会社です。

ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード株式会社は、2015年に7人の株主によって設立されました。1,000ヘクタールに及ぶ300の外部生産者と協力してコーヒーを生産しています。2018年にウェット・ミルを設立したことにより、ナチュラル精製に加え、ウォッシュト精製のコーヒーも生産することができるようになりました。

ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード株式会社は、地元のバイヤーとエチオピア商品取引所(ECX)(Ethiopian Commodity Exchange)にコーヒーを販売していましたが、カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で上位に入賞したことで、新たな市場が開拓されることが期待されます。

品種

品種は74110です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード社は、2020年の第1回エチオピア カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、74110のウォッシュト(Washed)が90.89点を獲得し第2位、90.25点を獲得し第3位、89.07点を獲得し第8位に入賞しました。

RankScoreSizeWeightIncrementBidTotal valueHigh bidder
2a90.8915959.01lbs$0.1$108.00/lb$103,573.08Intelligentsia
2b90.8914925.94lbs$0.1$107.10/lb$99,168.17Maruyama Coffee Co., Ltd.
3a90.2515959.01lbs$0.1$47.16/lb$45,226.91Kyokuto Fadie Corporation
3b90.2514925.94lbs$0.1$49.10/lb$45,463.65Orsir Coffee Co., Ltd
889.07271,752.67lbs$0.1$35.10/lb  $61,518.72BLESSBEAN CO. LTD.
Ethiopia Cup of Excellence 2020

このロットは第2位に入賞したロットです。ウォッシュト精製のロットとしては最上位になります。

丸山珈琲はこのロットの他に、第1位のニグセ・ゲメダ・ムデ(Niguse Gemeda Mude)と第14位のブク・サイーサ(Buku Sayisa)も落札しています。

スポンサーリンク

丸山珈琲 エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位

エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位
エチオピア ルムダモ エチオピア カップ・オブ・エクセレンス 2020年 第2位

国:エチオピア連邦民主共和国
地域:シダマ アルベゴナ
生産者:ルムダモ・コーヒー・インダストリー・トレード社
標高:約2,320 ~ 2,380 m
農園面積:88 ha
品種:74110
生産処理:ウォッシュト / アフリカンベッドで乾燥
収穫時期:10月~1月
お取引開始年:2020年

丸山珈琲

Aroma/FlavorStrawberry jam, lavender, peach, brown sugar, sugar cane, floral notes, maple syrup, orange, peach jasmine, spices white peach, jasmine silky, long, caramel, roasted nuts
AcidityComplex citric, juicy, syrupy, tartaric
OtherFloral, honey suckle, structured, long-lasting, consistent, unique acidity, real clean, coriander, stone fruit
90.89

「1位の豆は米国人好みのエキゾチックな風味。ブルーベリーのような甘い香り、ジャスミンの花やトロピカルフルーツを思わせる華やかさを感じました。2位は黒砂糖のような甘さに包まれて、ラベンダーの香りがある。後味にはナツメグのようなスパイスを感じましたね」

丸山珈琲が落札 エチオピアNo.1の豆はどんな味?」,NIKKEI STYLE 2020年9月12日.

エチオピアのストロベリーフレーバーのコーヒーよりもさらに濃厚で厚みのあるトマトケチャップのような味わいから、少し落ち着くとラベンダーやジャスミンのような甘いフローラルフレーバー、柑橘系のシロップのようなとろみのある口当たりと酸味のある味わいに移り変わります。後味にスパイシーなモカっぽさも感じられる複雑な味わいが印象的なコーヒーです。

<参考>

Rumudamo Coffee Industry PLC<http://www.rumudamo.com/>



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事