サザコーヒー:パナマ エリダ ナチュラル

サザコーヒー パナマ エリダ ナチュラルです。

サザコーヒー(Saza Coffee)は、1942年に創業した茨城県ひたちなか市に本社のあるコーヒー会社です。コロンビア・カウカ県に自社農園であるサザコーヒー農園を所有しています。

パナマ エリダ ナチュラル

スポンサーリンク

エリダ・エステート

エリダ・エステート(Elida Estate)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)アルト・キエル(Alto Quiel)に位置する農園です。ラマスタス・ファミリー・エステーツ(Lamastus Family Estates)が所有しています。

農園はバル火山(Volcan Baru)の標高1,700m - 2,500mと非常に高地に位置しており、ボルカン・バル国立公園(VBNP)(Volcan Baru National Park)にまで広がっています。農園の総面積65ヘクタールのうち、40ヘクタールでコーヒーが栽培されています。残りは私有林保護区です。

農園主はウィルフォード・ラマスタス(Wilford Lamastus)氏です。

ラマスタス・ファミリー・エステーツについては、以下の記事を参照してください。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

2021年に開催されるベスト・オブ・パナマ(BoP)前に入荷した、選りすぐりのロットです。

パナマ国際品評会2部門を2年連続優勝した農園。
今年の品評会前に仕入れたコーヒーの中から選りすぐりのロットとなります。

柔らかく洗練されたジャスミンやピーチのような香り、
ミルクチョコレート、ハニーのような味わいと甘さ、
ナチュラルな豊かさが最後まで続きます。

サザコーヒー

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

サザコーヒー パナマ エリダ ナチュラル

パナマ エリダ ナチュラル

嫌気性発酵に特有の洋酒のようなクセのあるフレーバーが支配的です。発酵の印象が強いゲイシャですが、温度高く濃度薄く抽出すると、鼻の奥に抜けるようなフレーバーが長く続きます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事