NOZY COFFEE:ホンジュラス ロス・ピノス農園 ハニー ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第3位

NOZY COFFEE ホンジュラス ロス・ピノス農園 ハニー ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第3位です。

NOZY COFFEEは、東京都渋谷区のスペシャルティコーヒー店です。創業者は、能城 政隆(のうじょう まさたか)です。

ホンジュラス ロス・ピノス農園 ハニー ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第3位

スポンサーリンク

ロス・ピノス農園

ロス・ピノス農園(Finca Los Pinos)は、ホンジュラス(Honduras)レンピラ県(Lempira Department)サン・アンドレス(San Andres)に位置する農園です。

なぜいつもと違うエリアのコーヒーを買い付けるのに至ったかというと、2019年にロスピノスのオーナーであるオルランド・カルバハルさんがTHE ROASTERYを訪問してくれた経緯があったからです。

SCAJ(年に一度のコーヒー業界の展示会)で来日していたホンジュラスの生産者たちが、輸出業者のロニーさんのアテンドによりTHE ROASTERYに来てくれました。その時にロニーさんからオルランドさんを紹介され、それが初めての出会いでした。(中略)

高いクオリティの理由は、土壌が恵まれているということもあると思うのですが、サンアンドレスからはあまりCOEに入賞している農園が無いことから土壌だけがいいのではなく、生産者の努力が大きいと言えます。菊池さん曰く、ロスピノス・プラタナレスはクリーンカップがとても良いが、これはセレクトピッキング(完熟したコーヒーチェリーのみを収穫すること)が適切に行われていることの表れだといいます。

ホンジュラス ロス ピノス農園」,NOZY COFFEE 2022年10月11日.

品種

品種はティピカ(Typica)です。

精製方法

精製方法はハニー(Honey)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

このロットは、2021年のホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Exellence)で、90.37点を獲得し第3位に入賞しました。

スポンサーリンク

Sapporo 珈琲マルシェ 2022

Sapporo 珈琲マルシェ 2022

NOZY COFFEEは、2022年10月19日から10月24日まで、丸井今井札幌本店 大通館9階 催事場で開催されたSapporo 珈琲マルシェ 2022に出店しました。2016年の初出店から、2022年で4回目の出店です。

Sapporo珈琲マルシェは、北海道札幌市にある百貨店 丸井今井札幌本店で行われます。

北海道内や全国各地からスペシャルティコーヒーの専門店が集い、各店がコーヒーを用意しているほか、いろいろな店舗のコーヒーを試飲できる企画もあります。北海道から沖縄までたくさんの店舗が集まるので、普段飲めない遠方のお店のコーヒーが試せるチャンスですね!
珈琲マルシェは2016年から毎年開催されてきましたが、昨年はコロナの影響で中止に。なので今年は2年ぶりの開催になりました!

私達は第1回目から参加させていただいており、今回の出店で4回目になります。今回も出店のお声がけをいただき、とても嬉しいです。

NOZY COFFEE in Sapporo 珈琲マルシェ2022」,NOZY COFFEE 2022年10月18日.
スポンサーリンク

NOZY COFFEE ホンジュラス ロス・ピノス農園 ハニー ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第3位

Sapporo 珈琲マルシェ 2022
ホンジュラス ロス・ピノス農園 ハニー ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第3位

カップ オブ エクセレンス(品評会)に入賞しオークションにて落札した特別なコーヒーです。
以前販売したホンジュラス COE2021 2位のプラタナレスと同一農園のコーヒーです。

この年、生産者のカルバハル ファミリーは2位のみならず3位にも入賞を果たしました。
そして今年2022年もまた9位と11位入賞を果たしております!

世界中のバイヤーの評価も高く、チャンピオン ロットを上回る最高値での落札となりました。
近隣の地域からの入賞が見られないことからも、運よく天候に恵まれただけで無いことが窺い知れます。
病害虫に弱く生産が難しい昔ながらの品種を丁寧に育てることで素晴らしいコーヒーが出来上がりました。

NOZY COFFEE

パイナップルのような明るい果実感と酸味、はちみつレモンのような質感が印象的です。非常に明るい酸味とハニー精製の甘さが相まった印象です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事