松屋コーヒー本店:パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト

松屋コーヒー本店 パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ エスメラルダ・スペシャル 2019 オークションロット ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュトです。

松屋コーヒー本店(Matsuya Coffee)は、1909年創業の愛知県名古屋市中区に本社を置くコーヒー会社です。昭和30年代に開発された松屋式ドリップ法でも有名です。現会長は、3代目の松下 和義(まつした かずよし)氏です。

パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト

スポンサーリンク

エスメラルダ農園

エスメラルダ農園(Hacienda La Esmeralda)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)に位置する農園です。ピーターソン家(Peterson Family)が所有する世界的に有名な農園で、特にゲイシャ(Geisha)を世界に知らしめたことで知られています。

エスメラルダ農園については、以下の記事を参照してください。

エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト

エスメラルダ農園内には、ハラミージョ(Jaramillo)、カーニャ・ベルデス(Cañas Verdes)、エル・ベロ(El Velo)、パルミラ(Palmira)の4つの農園があります。

エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト(ES-W-2-4 Lino Carnaval Washed)は、2019年に行われたエスメラルダ農園のプライベート・オークションである「エスメラルダ・スペシャル 2019(Esmeralda Special 2019)」に出品されたロットです。カーニャ・ベルデスのリノ(Lino)区画で2月に収穫されたウォッシュト(Washed)精製のゲイシャ(Geisha)です。

LOTBOXESPOUNDSBIDTOTAL VALUELOT NAMEHIGH BIDDER
ES-W-2-445051/lb$10,200Lino Carnaval WashedWataru & Co., Ltd.
Esmeralda Special 2019

日本の商社ワタル(WATARU)が、1ポンドあたり51ドルで落札しました。

このゲイシャは、松下 和義氏の友人である鳥目散 帰山人(とりめちる きさんじん)氏に少量譲り渡され、帰山人の珈琲遊戯から「えすめらるだ げいしゃ」の名前で限定販売されました。

「えすめらるだ げいしゃ」は、帰山人氏の焙煎方法である「一本焼き」ではなく、帰山人氏が開発した「邪・Roast」で焙煎されたコーヒーです。

帰山人の珈琲遊戯の「えすめらるだ げいしゃ」については、以下の記事を参照してください。

スポンサーリンク

松屋コーヒー本店 パナマ エスメラルダ農園 エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト

エスメラルダ・スペシャル 2019 ES-W-2-4 リノ・カルナバル ウォッシュト

エスメラルダ農園プライベートオークション2019で落札しました

ゲイシャはスペシャリティーコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。
エチオピア期限の原種といわれるゲイシャが世界の注目を集めたのは2004年。
パナマの国際オークションでラ・エスメラルダ農園が出品したものが当時の
最高落札価格を記録したことから始まりました。

ですがゲイシャは栽培が難しく、あまりに生産性が低いために
長い間全く注目されることもなく、ほとんどが姿を消し現在では
非常に貴重な品種となっています。

秀でたフローラルなアロマと柑橘類を思わせるフレーバー、すっきりとした甘みを伴う酸味をぜひお試しください

松屋コーヒー本店
「環のたしなみー松屋コーヒー本店のEsmeralda Private Auction ゲイシャを試飲する」,flavorcoffeeフレーバー放送局 2019年12月27日.

フレーバーコーヒーでの試飲の様子が、flavorcoffeeフレーバー放送局で公開されています。

エスメラルダ農園特有の鼻の奥に抜けるようなゲイシャフレーバー、レモンやベルガモットのような柑橘系の酸味がクリーンに表現されています。フレーバーにパワーがあり、すっきりとした酸味を持つ、エスメラルダ農園のゲイシャの特徴がクリーンに表現されたゲイシャです。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事