チモトコーヒー:インドネシア マンデリン グラン・レイナ

チモトコーヒー インドネシア マンデリン グラン・レイナです。

チモトコーヒー(Chimoto Coffee)は、1927年に創業した業務用コーヒー卸業者です。

チモトコーヒー

インドネシア マンデリン グラン・レイナ

スポンサーリンク

マンデリン グラン・レイナ

マンデリン グラン・レイナ(Mandheling Gran Reina)は、インドネシア(Indonesia)スマトラ島(Sumatra)北スマトラ州(North Sumatra)リントン・ニフタ(Lintong Nihuta)で生産されたマンデリンです。

「グラン・レイナ(Gran Reina)」というロット名は、スペイン語で「偉大な女王」と意味しています。

上質のマンデリンはクリーミーな味わいでありながら力強いのですが、正にその感じです。上質なものは、欠点豆を徹底的に除去しているため、口当たりがクリーンでマンデリンの場合は、滑らかさも有します。

極上珈琲 生豆本舗

精製方法

精製方法はスマトラ式(ギリン・バサ(Giling Basah)、ウェット・ハル(Wet Hulling))です。

スポンサーリンク

チモトコーヒー インドネシア マンデリン グラン・レイナ

インドネシア マンデリン グラン・レイナ

スマトラ島で生産の75%が行われており中でも注目なのが質の高い在来系のマンデリン。リントン、アチェ地方などが代表的な産地で、果実を思わせるなめらかでマイルドな香味が特徴です。スマトラ式と言われる特殊な精製方法で作られておりハーブや果実を思わせるなめらかでマイルドな香味が特徴です。

チモトコーヒー

マンデリン特有のアーシーでハーバルなフレーバー、クリームのような滑らかな口当たりのバランスの取れた味わいが印象的です。アーシーフレーバーが強すぎず、口当たりのクリーミーな滑らかさと調和の取れた味わいです。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事