ブルーボトルコーヒー:エチオピア ゲデブ メタド バリティ

ブルーボトルコーヒー エチオピア ゲデブ メタド バリティです。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)は、2002年にジェームス・フリーマン(James Freeman)が創業したアメリカ合衆国のコーヒー会社です。

エチオピア ゲデブ メタド バリティ

スポンサーリンク

ゲデブ メタド バリティ

エチオピア ゲデブ メタド バリティは、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)ゲデオ地方(Gedeo Zone)ゲデブ郡(Gedeb Woreda)ハロ・バリティ住民自治組織(Halo Bariti Kebele)で生産されたコーヒーです。コーヒー生産地域としてはイルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)に分類されます。

このロットは、メタッド社(METAD)がゲデブ郡ハロ・バリティ住民自治組織に所有する精製所でウォッシュト(Washed)精製されたコーヒーです。

ブルーボトルコーヒーは、2014年からメタッド社と提携しています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒー エチオピア ゲデブ メタド バリティ

エチオピア ゲデブ メタド バリティ
エチオピア ゲデブ メタド バリティ

水洗式のエチオピアコーヒーの特徴とされる、ライトボディで複雑、そして繊細な花の香りがします。 アールグレイをイメージさせる香りに加えて、新鮮なフルーツやジャスミンの香りを楽しめます。

ブルーボトルコーヒーでは2014年からMETAD社と提携し、多くのブレンドでも使用してきました。また彼らのコーヒーはシングルオリジンとしても十分に楽しめます。
エチオピアのウォッシュドコーヒー(特にイルガチェフ/ゲデブ)は、世界で最も複雑で表現力のあるコーヒーのひとつとされており、乾燥した気候を活用した自然な加工方法が多いです。
私たちブルーボトルコーヒーは、ナチュラルプロセスの際立った甘さと独特な果実の甘酸っぱさを好む一方で、このコーヒーのようなウォッシュドプロセス(水洗式)の味わいのクリーンさと花のような香り高さも気に入っています。

ブルーボトルコーヒー

Brewing Guide おいしいコーヒーの淹れ方

フレーバー:ジャスミン、レモンゼスト、ブラックティー

レモンのような酸味と紅茶のような味わいが印象的です。浅煎りとしては少し深めの焙煎で、飲みやすい味わいですが、フレーバーと密度の薄い印象です。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事