帰山人の珈琲遊戯:Nのコンキスタ グアテマラ ナチュラル

帰山人の珈琲遊戯 Nのコンキスタ グアテマラ ナチュラルです。

帰山人の珈琲遊戯(GAME of COFFEE)は、2017年に始まった鳥目散 帰山人(とりめちる きさんじん)氏による焙煎豆販売です。

Nのコンキスタ グアテマラ ナチュラル

スポンサーリンク

帰山人の珈琲遊戯 Nのコンキスタ

「【週刊フレーバー】季節のご挨拶どうでしょう?【CMだけじゃないですよ】2021年6月30日」,flavorcoffeeフレーバー放送局 2021年6月30日.
左 グアテマラ オリエンテ 右 グアテマラ メディナ
左 グアテマラ オリエンテ 右 グアテマラ メディナ

Nのコンキスタは、帰山人の珈琲遊戯のグアテマラ ナチュラルの姉妹品です。グアテマラでは、ウォッシュト(Washed)精製が一般的ですが、石光商事(SI)(S.ISHIMITSU & CO.,LTD.)と兼松(KG)(旧社名「兼松江商」(Kanematsu Gosho))によるこれらのロットは、ナチュラル精製によるグアテマラのコーヒーの「征服(Conquista)」です。

「劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」冒頭3分【ガンチャン】」,ガンダムチャンネル 2019年11月19日.
「劇場版『Gのレコンギスタ Ⅱ』「ベルリ 撃進」予告編【ガンチャン】」,ガンダムチャンネル 2019年12月13日.
スポンサーリンク

Nのコンキスタ オリエンテ

グアテマラ オリエンテ

グアテマラ オリエンテ ナチュラル

グアテマラ オリエンテ ナチュラルは、ハラパ県(Jalapa Department)マタケスクイントラ(Mataquescuintla)、やサンタ・ローサ県(Santa Rosa Department)アヤルサ(Ayarza)などの、標高1,500m - 1,650mの農家によって生産されたナチュラル(Natural)精製のロットです。

グアテマラでは、ウォッシュト(Washed)精製が一般的ですが、このロットは、仲買人を通さず農家から直接買い付けた完熟実を、ユーエスフーズのパートナーである輸出業者所有のウェット・ミルで、ナチュラル精製に仕上げています。

生豆と焙煎の仕立て

【生豆と焙煎の仕立て】

グアテマラ共和国 フライハネス高原域東端
 オリエンテ地区(マタケスクイントラ界隈) SHB EP
 カトゥーラ・ブルボン他 ナチュラル(乾式精製)  100%

この原料生豆は、石光商事(SI)による企画輸入品です。
曰く、《通常収穫期の最後に水洗式に適さなかった
あまりもののコーヒー果実がクロップの最後に
ナチュラルに仕上げられることがありますが、
この商品はウォッシュドにも適する真っ赤な完熟
果実のみを丁寧にセレクトし高級ナチュラル用に
仕上げられた一品です》とのこと。
かなり意図して発酵による甘酸っぱさを‘着香’的に
狙った乾式精製で、その強烈なクセは深く焼いても
「あ、ウォッシュトじゃないな」とわかるほど残ります。

直火の手廻し釜で火力一定の「一本焼き」18分05秒。
このグァテマラ・オリエンテの香味特性、イチゴ香料の
ような甘酸っぱい独特な香りとブルーベリーのような
酸味を少し残しつつも、甘苦さがベースとなるように
深めの中深煎りに仕立てました。今般の姉妹品、
同じグァテマラのナトゥラル「Nのコンキスタ メディナ」
と比べて、クリアさよりもコクを感じてみても面白い
かもしれません。「Nのコンキスタ」、ご笑味ください。

フレーバー通販ページ

甘酸っぱいフレーバーが残る焙煎度ですが、苦さをベースに甘さと強い発酵臭が広がります。「イチゴ香料のような」香りは、粉の状態で強く感じられますが、抽出液は発酵臭がかなり鼻に付きます。メディナと比べ、ボディのしっかりとしたオリエンテのほうが甘さが強く感じられすが、同時に発酵臭も強く感じます。

スポンサーリンク

Nのコンキスタ メディナ

グアテマラ メディナ

グアテマラ メディナ農園 ナチュラル

"We Are Finca Medina",Medina Classic 2020年5月1日.

メディナ農園(Finca Medina)は、グアテマラ(Guatemala)サカテペケス県(Sacatepequez District)シウダー・ビエハ(Ciudad Vieja)サン・ロレンツォ・エル・クーボ(San Lorenzo El Cubo)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)に区分されます。

メディナ農園は、1842年に設立された歴史のある農園です。メディナ農園と兼松(KG)は、2005年から取引をしています。

メディナ農園とはもう付き合いも長く、遡ること2005年、およそ15年前より関係性を保っている農園です。
メディナ農園を一言で言えば、「コーヒー生産地の中でも有名なアンティグア地区で、トップクラス(兼松調べ)の農地・精選工場管理を誇る農園」であります。
Fuego火山の噴火を遠目に眺める、綺麗なタイルを敷き詰めた乾燥場で、真っ白に輝くパーチメントが乾燥されていく様は実に美しいです。
全敷地の75%に潅漑設備を施しており(30cm毎に穴を開けたdripping system)、スターバックスやイタリア・イリー向けにも供給を行っている由緒正しき農園です。

兼松株式会社

品種はブルボン(Bourbon)他、精製方法はナチュラル(Natural)です。ナチュラル精製のロットは、年間300袋の限定生産です。

生豆と焙煎の仕立て

【生豆と焙煎の仕立て】

グアテマラ共和国 アンティグア地区
 メディナ農園 アルトス・デ・メディナ SHB
 ブルボン他 ナチュラル(乾式精製)  100%

この原料生豆は、兼松(KG)による買付け輸入品です。
曰く、《「ナチュラルを始めた」と聞いた時、ああ、
ここもそうやってアメリカのバイヤーに高値で売る
ために、なれない精選に手を出してしまったかと
やや嘆かわしく感じたものですが、実際のカップは
にわかじこみではない、きちんと手をかけて乾燥が
施された、上質な仕上がりでした》とのこと。
なるほど、‘着香’的な意図を程よく抑えた乾式精製で、
「え?ナチュラルか?」というくらいのナチュラル感です。

直火の手廻し釜で火力一定の「一本焼き」18分05秒。
このグァテマラ・メディナの香味特性、マーマレードの
ような甘酸っぱい独特な香りとアプリコットのような
酸味を少し残しつつも、甘苦さがベースとなるように
深めの中深煎りに仕立てました。今般の姉妹品、
同じグァテマラのナトゥラル「Nのコンキスタ オリエンテ」
と比べて、コクよりもクリアさを感じてみても面白い
かもしれません。「Nのコンキスタ」、ご笑味ください。

フレーバー通販ページ

すっきりとしたボディをベースに、何とも言えない独特のフレーバーが広がります。冷めてくると、発酵臭が鼻に付くようになります。同じナチュラルでも、メディナのほうがクリーンですっきりとした飲みやすい味わいです。

<参考>

FincaMedina<https://www.fincamedina.com/en>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事