カフェ ランバン:インドネシア バリ島 コピ・ルアック

カフェ ランバン インドネシア バリ島 コピ・ルアックです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

インドネシア バリ島 コピ・ルアック

スポンサーリンク

バリ島 コピ・ルアック

インドネシア バリ島 コピ・ルアックは、インドネシア(Indonesia)バリ州(Bali)バンリ県(Bangli)キンタマーニ郡(Kintamani)キンタマーニ村(Kintamani)で生産されるコピ・ルアックです。キンタマーニ高原にあるオーガニック・コーヒーを生産している農園で、コピ・ルアックが作られます。

2007年のアタカ通商の農園見聞録「バリ島農園視察(5)」、「バリ島農園視察(6)」、「バリ島農園視察(7)」で、バリ島 コピ・ルアックを生産している場所を確認できます。

品種

品種はUSDA、S795です。

精製方法

精製方法はジャコウネコ・プロセスです。

コーヒーチェリーは、ジャコウネコの体内を通って精製されます。

スポンサーリンク

カフェ ランバン インドネシア バリ島 コピ・ルアック

インドネシア バリ島 コピ・ルアック

バリ島コピルアックが3年ぶりに入荷です。このコーヒーが拾い集められているのは、キンタマーニ高原にあるプランテーションです。ジャコウネコたちは、ここの完熟したコーヒーチェリーを好んで食べているため、品質のいいコピルアックができます。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。インドネシア バリ島 コピ・ルアックは、中煎り(ミディアムロースト)のみです。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

生のナッツと発酵臭が入り混じったような独特のフレーバーとしっとりとした口当たりが印象的です。少しクセのある独特のフレーバーを持つコピ・ルアックです。

<参考>

「バリ島 コピルアック ジャコウネコの落としモノ 2021」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2518.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事