ロースト デザイン コーヒー:バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラ

ロースト デザイン コーヒー バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラです。

ロースト デザイン コーヒー(Roast Design Coffee)は、神奈川県川崎市にあるスペシャルティコーヒー店です。オーナーは、三神 仁美(みかみ ひとみ)と三神 亮(みかみ りょう)夫妻です。

バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラ

スポンサーリンク

バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラ

バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラは、エチオピア(Ethiopia)オロミア州(Oromia Region)西グジ地方(West Guji Zone)ハンベラ・ワメナ群(Hambela Wamena Woreda)で生産された生豆に、バーボン・ウイスキーを含浸させたコーヒーです。

使用されている生豆は、ニュー・クロップ(New Crop)よりも1つ古いカレント・クロップ(Current Crop)であると思われます。

ですが、ここでみかみ家で1つのアイデアが生まれました。

カレントの生豆で短期間で漬けてみてはどうか、と。

生豆は時間が経つと水分が抜け枯れていきます。そして徐々に風味の印象が弱まり、さらに劣化が進むとテイストに阻害要因を感じるようになっていきます。

しかし、甘さや質感など劣化しにくい要素もあります。

これを漬け込むことで、初年度よりほんの少しだけ輝きを失ってしまった生豆を救済することにもなるのではないかと思いました。ベースとなる甘さや質感に、ウイスキーやラムといったお酒の風味をのせることができるのです。

しかも、カレントであれば水分値も下がっているため漬け込みに向いており、焙煎のコントロールもそこまで難しくないという利点もありました。

え?生豆をあれに浸すの?インフュージョンシリーズの開発について」,Roast Design Coffee Blog 2019年3月8日.

品種

品種はエチオピア在来種(Ethiopia Heirloom)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

ロースト デザイン コーヒー バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラ

バーボン・ウイスキー エチオピア グジ ハンベラ

生豆をウイスキーなどスピリッツに漬けたのちに焙煎し、互いの風味や甘さの相乗効果を高めたインフュージョンシリーズ。

コーヒーのもつ甘さと滑らかさを最大限に引き出すようやや深めに焙煎し、印象度の強いスピリッツと味のバランスをとっています。

バニラや樽香のついた豊かな風味のウイスキーと合わさることで、バナナやバタークリームのような甘さと伴った滑らかさが生まれます。

*製造の工程でアルコール分は揮発しています

ロースト デザイン コーヒー

粉の状態では、ウイスキーの香りが支配的です。液体ではウイスキーの印象が薄れ、バナナのような甘い果物やバニラのようなフレーバーが感じられます。ウイスキーの甘い香りが、甘い果実のようなフレーバーに上手く変化しています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事