蕪木:エチオピア モカ・シェカ

蕪木 エチオピア モカ・シェカです。

蕪木は、2016年11月に開業した東京都台東区のコーヒーとチョコレートの自家焙煎店です。店主は蕪木 祐介(かぶき ゆうすけ)です。

「OUR NEIGHBORS: 蕪木 Kabuki」,NOHGA HOTEL 2020年8月24日.

エチオピア モカ・シェカ

スポンサーリンク

モカ・シェカ

モカ・シェカは、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州 (SNNPR)(Ethiopian Southern Nations, Nationalities and Peoples' Region)シェカ地方(Sheka Zone)マシャ群(Masha Woreda)に位置するカヨカミノ(Kayokamino)で生産されるロットです。

カヨカミノは、2017年にモプラコ(Moplaco)が購入した自社農園です。

この原生林から取れる珈琲を飲んでみたい。その一つの願望は珈琲輸出会社の社長であり、珈琲生産者でもあるエレアンナさん(p.40)のおかげで叶えることができた。彼女は森を守り、その価値と重要性を人々に伝えるべく、一つの森を買い取り、そこで珈琲の生産を始めたのだ。その珈琲を仕入れ、焙煎してみると、それはエキゾチックで、柔らかい、美味な珈琲だった。

蕪木 祐介(2021)『珈琲の旅 Ethiopia』p.13

モカ・シェカは、蕪木ではやや深煎りで焙煎されています。

エチオピアには人の手の入っていない珈琲の原生林が今尚存在しているが、そんな野生の珈琲の森から収穫しているのが「モカ・シェカ」。独特のエキゾチックな芳香が癖になり、やや深煎りにして当店では用意している。気候風土×生豆加工方法×焙煎(×みなさんの抽出方法)で、多様な風味の奥行きがあるモカ珈琲。酸味が嫌いな人でも、是非新たなモカのおいしさを感じていただきたい。

モカに惹かれて 蕪木祐介さん連載「嗜好品の役割」第10回」,料理通信 2022年2月14日.

品種

品種はエチオピア在来種(Ethiopia Heirloom)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

蕪木 エチオピア モカ・シェカ

エチオピア モカ・シェカ

エチオピア西部に広がる野性の珈琲原生林から収穫した珈琲。
品格のある苦味の中に、エキゾチックで華やかな香りが感じられます。

珈琲の原産地エチオピアには、手付かずの珈琲の野性の森が点在しています。
2018年に初めて訪れた珈琲の原生林。
そこは珈琲農園の景色とは全く異なる景色が広がっていました。
苔むした珈琲の木々が静かに、そしてどこか神々しく広がる森。
木々に実った果実は、自然と土壌に散り、そして芽生える。人の手も加えられることなく、脈々と命が受け継がれてきた珈琲の森です。
焙煎して、抽出した風味はどんなものだろうか。
一歩一歩、歩みを進めながら、そんなことを想っていました。

その夢を叶えさせてくれたのが、モプラコ社のエレアンナさん。
伐採が進む貴重な珈琲の森を守るために森を買い取り、野性の珈琲の潜在的な力に加えて、彼女の情熱と技術をつぎ込まれて収穫、加工された珈琲豆です。

蕪木

野生味の強い味わいをベースに、甘いフレーバーが広がります。蕪木の他のエチオピアに比べて、力強さを感じさせる味わいが印象的です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事