丸美珈琲店:コスタリカ サンタ・テレサ農園 ルワンダ レッドハニー エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022 EEVC24

丸美珈琲店 コスタリカ サンタ・テレサ農園 ルワンダ レッドハニー エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022 EEVC24です。

丸美珈琲店(MARUMI COFFEE)は、2006年4月に創業した札幌市のスペシャルティコーヒー専門店です。現在札幌市内に6店舗展開しています。

コスタリカ サンタ・テレサ農園 ルワンダ レッドハニー エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022 EEVC24

スポンサーリンク

サンタ・テレサ 2000

サンタ・テレサ 2000(Santa Teresa 2000)は、コスタリカ(Costa Rica)サン・ホセ州(San José Province)ドータ・カントン(Dota Canton)サンタ・マリア(Santa María)に位置するマイクロミルです。コーヒー生産地域としては、タラス(Tarrazú)に区分されます。

オーナーはロジャー・ウレーニャ・イダルゴ(Roger Ureña Hidalgo)です。

ロジャーは、1963年11月19日に生まれました。父親はすでに祖父母と同じようにコーヒーを栽培していました。ロジャーは子供の頃から父親の酪農とコーヒー農園を手伝い、同時に高校を卒業して勉強もしなければなりませんでした。15歳のとき、自分の稼ぎでコーヒー産業で働き始め、コーヒーの苗床を作り始めました。その時、最初のコーヒー農園を作り始めました。

1987年、ロジャーはアメリカ合衆国へ出稼ぎに行き、コスタリカに戻ってコーヒー農園を大きくしました。2015年、ロジャーは自身でコーヒーを精製することを決意し、サンタ・テレサ マイクロミルを設立しました。

マイクロミルのあるサンタ・テレサ農園は、2012年前に取得しました。農園は1,900mから2,050mに位置しており、ゲイシャ(Geisha)、ルメ・スダン(Rume Sudan)、パカマラ(Pacamara)、ビジャロボス(Villalobos)、ティピカ・メホラード(Typica Mejorada)、サン・ロケ(San Roque)、カツアイ(Catuai)といった品種を植えています。

長男のアレックス・ウレーニャ(Alex Ureña)は、ミルと農園を手伝っています。

ミルと農園は、エコロジカ・ブルー・フラッグ・プログラム(Ecologic Blue Flag Program)に参加しており、2年目にはニュートラルカーボン認証のプロセスを開始し、環境に配慮しています。

収穫はパナマ人の家族によって、コーヒー栽培に必要な労働力はニカラグア人やコスタリカ人の協力を得ています。

品種

品種はルワンダ(Rwanda)です。

ルワンダ由来の品種です。

精製方法

精製方法はレッドハニー(Red Honey)です。

エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022

ロット品種プロセススコア重量入札単位入札合計数件名最高入札者
EEVC24RwandaRed Honey88.333101.41lbs$0.10$7.40/lb$750.43Roger Ureña Hidalgo - Rwanda - Red HoneyMARUMI COFFEE
Exclusive Coffees 2022

このロットは、エクスクルーシブ・コーヒーズ(Exclusive Coffees)のプライベート・オークションであるエクスクルーシブ & エキゾチック・バラエタル・コレクション 2022(Exclusive & Exotic Varietal Collection 2022)で88.333点を獲得したロットです。1ポンドあたり7.40ドルで丸美珈琲店によって落札されました。

スポンサーリンク

丸美珈琲店 コスタリカ サンタ・テレサ農園 ルワンダ レッドハニー エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022 EEVC24

コスタリカ サンタ・テレサ農園 ルワンダ レッドハニー エクスクルーシブ・コーヒーズ 2022 EEVC24

アセロラやチェリーのような繊細で綺麗な果実感に土っぽさの印象が残ります。コスタリカらしい綺麗な印象とルワンダらしい土着的な印象が相まった味わいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事