チモトコーヒー :グアテマラ アンティグア

チモトコーヒー グアテマラ アンティグアです。

チモトコーヒー(Chimoto Coffee)は、1927年に創業した大手のコーヒー卸です。

グアテマラ ラ・アゾテア農園 ブルボン

スポンサーリンク

ラ・アゾテア農園

ラ・アゾテア農園(Finca La Azotea)は、グアテマラ(Guatemala)サカテペケス県(Sacatepéquez Department)ホコテナンゴ(Jocotenango)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンティグア・コーヒー(Antigua Coffee)に区分されます。

ラ・アゾテア農園については、以下の記事を参照してください。

品種

品種はブルボン(Bourbon)です。

ブルボンは、アンティグア地域の代表的な栽培品種です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

乾燥は天日乾燥です。

スポンサーリンク

チモトコーヒー グアテマラ アンティグア

グアテマラ アンティグア

中米北部でメキシコの南に位置し、東はベリーズ、南はホンジュラス及びエルサルバドルと国境を接している。国土はほとんどが山間地であり、コーヒーも急斜面で栽培される。したがって収穫は人の手により、完熟実のみを丹念に収穫し、ウォッシュト(湿式)で精製される。海抜1500mの高地にあるアンティグアで収穫されるコーヒーは、酸味、コク、香りが優れ、世界最高のコーヒーのひとつであるといわれている。

チモトコーヒー

りんごのような心地よい酸味があり、優しさを感じる味わいです。深煎りのため、しっかりとしたコクを感じますが、苦味はそれほど強く感じられません。バランスが良く、常飲向きです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事