カフェ ランバン:グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニー

カフェ ランバン グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニーです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニー

スポンサーリンク

ドン・アントニオ農園

ドン・アントニオ農園(Don Antonio Estate)は、グアテマラ(Guatemala)ウエウエテナンゴ県(Huehuetenango Department)サン・ペドロ・ネクタ自治体(San Pedro Necta Municipality)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、ハイランド・ウエウエ(Highland Huehue)に区分されます。

ドン・アントニオ農園に至る道 出典:アタカ通商

サン・ペドロ・ネクタは、グアテマラ・シティから直線距離で北西約160km、車だと約7時間の距離にある、コーヒーの栽培地域としてはグアテマラ・シティから最も遠い場所にあります。農園は人里離れた場所にあり、サン・ペドロ・ネクタからさらに2時間ほど悪路を進むと農園に到着します。

アントニオ・サンチェス 出典:アタカ通商
アントニオ・サンチェスの自宅 出典:アタカ通商

農園名の「ドン・アントニオ(Don Antonio)」は、英語で「ミスター・アントニー(Mr. Anthony)」を意味しており、農園主のアントニオ・サンチェス(Antonio Sanchez)氏からその名が取られています。

彼の父親であるリゴベルト・サンチェス(Rigoberto Sanchez)は、1966年からコーヒーの仕事を始めました。

リゴベルトは自ら農園を始めるだけの資金がなく、他のオーナーが所有するコーヒー農園で労働者として働いていました。しかし、当時の農園主が熱心に働くリゴベルトに資金援助をし、サン・ペドロ・カルチャ(San Pedro Carcha)に初めて土地を購入する事ができました。リゴベルトのコーヒー生産への情熱は現オーナーのアントニオ氏に引き継がれて、素晴らしいコーヒーを生産するに至っています。

カルメン 出典:アタカ通商

アントニオ氏の娘でリゴベルトの孫娘のカルメン女史は、現在鶏肉会社でマーケティング担当を担当しています。

コーヒーの栽培地域 出典:アタカ通商

ドン・アントニオ農園の標高は1,800m - 2,000m、非常に乾燥した地域でもあり、乾いた石灰岩土壌の、起伏の激しい急斜面でコーヒーが栽培されています。

ドン・アントニオ農園は、年間降雨量1,500mmと雨は少ないながら、寒暖の差が激しく、日中でも霧が発生し立ち込める地域にあります。夜間は気温が一気に下がるため、コーヒーの天敵である霜が降りやすく、通常コーヒーの栽培には不向きな気象条件です。しかし、シエラ・デ・ロス・クチュマタネス(スペイン語:Sierra de los Cuchumatanes)から吹き下ろす冷たい風とメキシコのテウアンテペック地峡(英語:Isthmus of Tehuantepec、スペイン語:Istmo de Tehuantepec)の高原地帯から吹き付ける乾燥した熱風により、霜害から守られ、高品質なコーヒー生産が可能になっています。

コーヒーは日陰で栽培され、100%天日乾燥されます。

品種

カツーラ栽培地域 出典:アタカ通商

品種はカツーラ(Caturra)です。

1935年にブラジルで発見されたブルボンの突然変異による品種です。ティピカの3倍近い高い生産性を誇る品種ですが、栽培にはケアと肥料が必要となります。標高が高ければ高いほど品質が上がりますが、生産性が落ちるのが特徴です。

ドン・アントニオ農園は5か所に点在しており、場所によって栽培されている品種が異なります。

ドン・アントニオ農園のカツーラはアタカ通商の取り扱いです。アタカ通商では、ドン・アントニオ農園のブルボン(Bourbon)やムンド・ノーボ(Mundo Novo)の取り扱いがありました。

精製方法

ワイニー精製 出典:アタカ通商

精製方法はワイニー(Winey)です。

ウエウエテナンゴのコーヒーは、基本的にウォッシュト(Washed)で精製されますが、このロットはワイニーで精製されています。

ワイニーはナチュラル(Natural)の一種で、ナチュラルの乾燥工程で、あえてコーヒーチェリーを発酵させることで、ワインに似た風味を付ける比較的新しい精製方法です。この精製方法では、ワインやドライフルーツのようなフルーティな香りが特徴のコーヒーに仕上がります。

綺麗なワインフレーバーが特徴です。赤ワイン系のフレーバーと、柑橘系の酸味があります。ミディアムボディで、しっかりとした味わいです。

スポンサーリンク

カフェ ランバン グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニー

グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニー

グァテマラ ウエウエテナンゴ地区のワイニー、久しぶりに入荷しました。しっかりとしたワインフレーバーと奥深い甘みが特徴です。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。グアテマラ ドン・アントニオ農園 カツーラ ワイニーは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

浅煎り(ライトロースト)

ワインのフレーバーが非常にクリーンに感じられます。酸味、甘さのバランスに優れ、紅茶のような印象です。

中煎り(ミディアムロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

クリーンなワインフレーバーが印象的です。浅煎りよりも酸味、甘さ、ボディのバランスの取れた味わいに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

クリーンなワインのフレーバーとより甘さの強い味わいです。通常のコーヒーに近い印象です。

<参考>

「ドンアントニオ農園 カツーラ ワイニー」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2045.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事