カフェ ランバン:コロンビア エル・ザフィーロ ハニー

カフェ ランバン コロンビア エル・ザフィーロ ハニーです。

カフェ ランバン(Café RANBAN)は、北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。

コロンビア エル・ザフィーロ ハニー

スポンサーリンク

エル・ザフィーロ農園

マカ家 出典:アタカ通商

エル・ザフィーロ農園(Finca El Zafiro)は、コロンビア(Colombia)カウカ県(Cauca Department)ポパヤン(Popayan)に位置する農園です。ポパヤンから約10km離れた場所に位置しています。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))または太平洋沿岸/チョコ自然地域(英語:The Pacífico/Chocó (natural) region、スペイン語:La región del Pacífico​​​ (de Colombia))のカウカ(Cauca)に区分されます。

エル・ザフィーロ農園は、コロンビアの先住民族の1つ、パエス族(Páez People)のマカ家、オスカー・アパリシオ(Oscar Aparicio)とナンシー・ロペス(Nancy Lopez)が管理しています。

カウカの州都であるポパヤンは、スペインの植民地時代のコロニアル調の白い建物がいくつも残されており、その光景から「白い街」として知られています。石畳や荘園の住居跡、庭園や寺院も当時のまま保存されており、観光スポットになっています。

エル・ザフィーロ農園は、アンデス山脈中央部と西部の間、標高1,970mの高原にあり、美しく波打つような斜面でコーヒーが栽培されています。

品種

品種はカスティージョ(Castillo)です。

カスティージョは、品種のコロンビア(Colombia)を作り出す品種改良の過程で生まれた品種です。コロンビアやカトゥーラよりも、環境への適応性と収穫量が高く、コーヒーさび病菌やコーヒー炭そ病(CBD)(Coffee Berry Disease)にも耐病性のある品種です。栽培しやすいため、現在コロンビアで最も多く栽培されている品種の1つです。

エル・ザフィーロ農園は、7ヘクタールの土地で、ウシュウシュ(Wush Wush)、ブルボン(Bourbon)、カスティージョ(Castillo)を栽培しています。

農園では、元々ティピカ(Typica)やブルボン(Bourbon)が栽培されていましたが、コーヒーさび病菌の被害により、栽培を継続することができなくなりました。現在は、これらの品種を復元し、再び生産するための新しい取り組みが進行中です。

精製方法

精製方法はハニー(Honey)です。

ハニー精製では、果肉除去後に、ムシラージという粘質物を残した状態で乾燥工程に入ります。ムシラージの作用によって、独特の香味やボディを持ったコーヒーに仕上がります。

コーヒーチェリーは、完熟実が手摘みされ、伝統的なコロンビアの加工方法で洗浄され、乾燥室で乾燥されます。仕上がった豆は、輸出のために真空包装される前に、欠点を除去するために手選別されます。

スポンサーリンク

カフェランバン コロンビア エル・ザフィーロ ハニー

コロンビア エル・ザフィーロ ハニー

海外でも人気のエル・ザフィーロ農園が入荷しました。独特なアプリコットフレーバーが特徴です。

カフェ ランバン

カフェ ランバンでは、コーヒーの焙煎度を選ぶことができます。コロンビア エル・ザフィーロ ハニーは、浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

アプリコットのような甘いフレーバーと酸味が印象的です。浅煎りのため、苦味やボディは薄く、クリーンな味わいです。

中煎り(ミディアムロースト)

引き続きアプリコットのような甘さと酸味が印象的です。浅煎りよりも甘さがより強く感じられ、バランスの良い味わいに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

酸味よりも甘さが強く感じられます。通常のコーヒーに近い味わいです。

<参考>

「エル・ザフィーロ ハニー 24KGVP」,ATC Specialty Coffee<https://www.specialtycoffee.jp/beans/2104.html>

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事