エチオピア ニグセ・ゲメダ・ムデ

エチオピア ニグセ・ゲメダ・ムデ

スポンサーリンク

ニグセ・ゲメダ・ムデ

ニグセ・ゲメダ・ムデ(Negussie Gemeda Mude)は、エチオピア(Ethiopia)シダマ州(Sidama Region)ブラ地方(Bura Zone)カラモ住民自治組織(Karamo Kebele)ハイーサ村(Hayisa Village)のコーヒー農家です。 4人の息子と3人の娘がいます。コーヒー生産地域としては、シダモ(Shidamo)に分類されます。

彼は3ヘクタールの土地でコーヒーを栽培し、さらに10ヘクタールの土地で野菜、小麦、テフ、大麦、竹を栽培しています。コーヒーの年間生産量は15トン、アフリカン・ベッドで乾燥させています。彼は国際市場との繋がりがなかったため、地元のバイヤーとエチオピア商品取引所(ECX)(Ethiopian Commodity Exchange)に販売していました。

しかし、2020年にエチオピア初のカップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)で第1位に輝いたことにより、国際市場との繋がりが生まれました。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

ニグセ・ゲメダ・ムデは、エチオピア カップ・オブ・エクセレンス(CoE)において、2020年に74158のナチュラル(Natural)が91.04点を獲得し第1位、2021年に74158のナチュラル(Natural)が87.56点を獲得し第25位に入賞しました。

ニグセ・ゲメダ・ムデ Negussie Gemeda Mude:https://real-coffee.net/category/coffee-origin/africa/ethiopia/sidama-region/bura-zone/karamo-keble/hayisa-village/negussie-gemeda-mude

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事