丸山珈琲:ケニア チョロンギ

丸山珈琲 ケニア チョロンギです。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEEは、長野県北佐久郡軽井沢町に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

ケニア チョロンギ

スポンサーリンク

チョロンギ ファクトリー

チョロンギ ファクトリー(Chorongi Factory)は、ケニア(Kenya)中央州(Central Province)ニエリ・カウンティ(Nyeri County)に位置するファクトリーです。ムテカ生産者協同組合(Mutheka FCS)(Mutheka Farmers Cooperative Society)の所有するファクトリーの1つです。

チョロンギ ファクトリーは、ムテカ生産者協同組合(Mutheka FCS)の組合員5,600人のうち約 1,000人がチョロンギ ファクトリーに納品しています。ファクトリーにコーヒーチェリーを納品している小規模農家は、平均250本のコーヒーノキを所有しており、その他に、トウモロコシ、バナナ、豆類を栽培しています。

農家は事前融資を受け、学費や農作物の投入資材を前払いすることができます。ファクトリーは、農民のトレーニングと必要資材を提供することによって、コーヒーの生産量を増やすことを長期的な目標としています。

品種

品種はSL-28、SL-34、ルイル 11(Ruiru 11)です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed)です。

水洗工程後、気候、気温、量によって、7日から15日間かけて乾燥させます。

スポンサーリンク

丸山珈琲 ケニア チョロンギ

ケニア チョロンギ
ケニア チョロンギ

国:ケニア共和国
地域:ニエリ
生産者:複数の小規模生産者
標高:1,675 m
農園面積:生産者一人あたりのコーヒー栽培面積0.8 ha(栽培本数 約300本)
生産処理場:チョロンギ・コーヒーファクトリー
品種:SL 34、 SL 28、 ルイル11
生産処理:ウォッシュト / アフリカンベッドで乾燥
収穫時期:11月、12月
お付き合い開始年:2021年

丸山珈琲

グレープのような濃厚な味わい、ブラッドオレンジのような凝縮感のある酸味が印象的です。ケニアらしい凝縮感のある濃厚な味わいです。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事