コーヒーの品種:ムンドノーボ

コーヒーの品種 ムンドノーボ

スポンサーリンク

ムンドノーボ

品種

ムンドノーボ(Mundo Novo)は、ブラジル(Brazil)サンパウロ州(State of Sao Paulo)ミネイロス・ド・ティエテ(Mineiros do Tiete)で見つかったブルボン(Bourbon)とティピカ(Typica)の自然交配種です。原種のコーヒーの種は、ノーボ・ムンド市(Novo Mundo Municipality)(現在のウルペス(Urupês))に植えられ、そこで選抜された品種がムンドノーボとなりました。この品種は1943年に発見されました。

歴史

ムンド・ノーボの最初の選抜が行われたのは、1943年から1952年の間です。この品種は1952年以降、ブラジルの農家に配布されるようになりました。1977年からブラジルのカンピナス農業研究所(IAC)(英語:Agronomic Institute of Campinas、ポルトガル語:Instituto Agronômico de Campinas)によって新しい選抜がリリースされました。

この品種は、ブラジルとペルーを含む他の南米諸国では商業的に重要ですが、中央アメリカではほとんど栽培されていません。コスタリカには1952年に初めて導入されましたが、農民がその背丈の非常な高さを嫌ったため、広く採用されませんでした。1963年から64年にかけてグアテマラに数回導入されたことがあります。1974年にコスタリカの熱帯農業研究および高等教育トレーニングセンター(CATIE) (英語:The Tropical Agricultural Research and Higher Education Center、スペイン語:Centro Agronómico Tropical de Investigación y Enseñanza)からホンジュラスに導入されました。アフリカでは、マラウイでも見られます。

特徴

背丈が非常に高いのが特徴です。樹勢が強く、生産性も高いのですが、晩生であることが特徴です。

カツアイ(Catuai)は、ムンドノーボとカツーラ(Caturra)の交配により生まれた品種です。

Mundo Novo - Arabica Coffee Varieties:https://varieties.worldcoffeeresearch.org/varieties/mundo-novo

ムンドノーボ Mundo Novo:https://real-coffee.net/category/varieties/mundo-novo

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事