Definitive.:パナマ ベルナルディナ 1262 ゲイシャ エクステンディッド・ファーメンテーション
スポンサーリンク

Definitive. パナマ ベルナルディナ 1262 ゲイシャ エクステンディッド・ファーメンテーションです。

Definitive.は、スペシャルティコーヒーロースターのCoffee with 4 Elementsが、パナマ専門のスペシャルティコーヒーの輸入業者であるBRISA & TIERRAと提携したオンラインショップです。

パナマ ベルナルディナ 1262 ゲイシャ エクステンディッド・ファーメンテーション

ベルナルディナ農園

ベルナルディナ農園(Finca Bernardina)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)レナシミエント地区(Renacimiento District)サンタ・クララ(Santa Clara)に位置する農園です。標高1,400m - 1,580m、面積18ヘクタールのうち、4ヘクタールが原生林保護区、2ヘクタールが二次林、残りはコーヒー、果樹、木材が植林されています。

ベルナルディナ農園については、以下の記事を参照してください。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はエクステンディッド・ファーメンテーション(Extended Fermentation)です。

Definitive. パナマ ベルナルディナ 1262 ゲイシャ エクステンディッド・ファーメンテーション

パナマ ベルナルディナ 1262 ゲイシャ エクステンディッド・ファーメンテーション

日本では、Definnitive.が独占入荷している農園 酸素がない状態で発酵させるアナエロビックファーメンテーションの中でも、長時間発酵させるエクステンディッドファーメンテーションが得意な農園レナシミエント地区、アミスタード国立公園内、山々に囲まれ、天然の樹木と多様な動物たちが生息する地域に農園は位置しています。

18ヘクタールのうち、4分の一は手つかずの原生林が保存され、その他の森のわずか2ヘクタールに、コーヒーと、果物と製材用の木などが植えられています。

「ベルナルディナ」は、1960年代にコーヒー栽培を始めた、現農園主の祖母の名前で、親子三代にわたってコーヒーづくりが引き継がれています。 1987年、2世代目のフェリックス・アギレルがカトゥーラ、カトゥアイを2ヘクタールの農園に植えたのがほぼ現農園の原型です。

Heirroom

チェリーボンボンのような果実感と洋酒香が印象的です。冷めてくると、凝縮感のある酸味の印象が強くなります。エイジングさせると、フルボディの赤ワインのような味わいに変化します。強発酵系の味わいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事