タカムラ コーヒーロースターズ:パナマ キャロライン サラチェーニ

タカムラ コーヒーロースターズ パナマ キャロライン サラチェーニです。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ(TAKAMURA Wine & Coffee Roasters)は、大阪府大阪市西区にあるワインとコーヒーの専門店です。ワインショップであった「タカムラ」が2013年にリニューアルし、スペシャルティコーヒーの自家焙煎を始めました。

パナマ キャロライン サラチェーニ

スポンサーリンク

エストレーヤ農園

エストレーヤ農園(Finca Estrella)は、パナマ(Panama)チリキ県(Chiriquí Province)ボケテ地区(Boquete District)に位置する農園です。標高1,500mに位置しています。

農園主はキャロライン・サラチェーニ(Carolyn Saraceni)です。

キャロラインは、父親から15ヘクタールの農園を引き継ぎました。現在(2021年)25歳の彼女は、8年前から農園の開発と改善に協力しています。

農園面積15ヘクタールのうち、12ヘクタールに5万本のカツアイのコーヒーノキが植えられています。農園での作業は、彼女と彼女の父親がすべて監督し、手作業で行われています。11月から3月までの収穫期には、先住民族であるノベ・ブグレ族の人々を雇用し、年間を通じて作物のメンテナンスを行っています。

キャロラインは、クリエイティバ・コーヒー・ディストリクト(CCD)(Creativa Coffee District)の一員です。

クリエイティバ・コーヒー・ディストリクト(CCD)は、ボケテ地区のスペシャルティコーヒー生産者集団です。伝統的なウェット・ミルと乾燥パティオを最新の精製処理施設に変えることで、アートとスペシャルティコーヒーを融合し、生産者をアーティストにまで引き上げることに挑戦しています。

品種

品種はカツアイ(Catuai)、カツーラ(Caturra)、ティピカ(Typica)です。

クリエイティバ・コーヒー・ディストリクト(CCD)のマイクロロット46です。

精製方法

精製方法はイントリンシック・チェリー(Intrinsic Cherry)です。

平均気温30℃の環境で12時間から72時間好気性発酵させています。

スポンサーリンク

タカムラ コーヒーロースターズ パナマ キャロライン サラチェーニ

パナマ キャロライン サラチェーニ

プラムや柑橘系が織りなす生のフルーツの酸味と、甘さと塩辛さの組み合わせが絶妙な 塩キャラメルのニュアンス。

果実の心地良いフルーティさの中に感じる、上質なカカオニブを練り込んだガトーショコラのような 風味は“CCD”ならでは。
全く異なるコーヒーの創造性を発見することができます。

タカムラ コーヒーロースターズ

メントスソフトキャンディのような人工的なフルーツフレーバーと浅煎りの酸味が強く感じられる味わいです。冷めてくると、ヨーグルトや乳酸菌飲料のような味わいが強くなります。非常に変わった味わいです。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事