丸山珈琲:エチオピア シフェラウ・ジグソ ナチュラル

丸山珈琲 エチオピア シフェラウ・ジグソ ナチュラルです。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEEは、長野県北佐久郡軽井沢町に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

エチオピア シフェラウ・ジグソ ナチュラル

スポンサーリンク

シフェラウ・ジグソ

シフェラウ・ジグソ(Shiferaw Jigso)は、エチオピア(Ethiopia)南部諸民族州(SNNPR)(Southern Nations, Nationalities, and People's Region)ゲデオ地方(Gedeo Zone)ゲデブ郡(Gedeb Woreda)バンコ・ゴチチ住民自治組織(Banko Gotiti Kebele)のコーヒー生産者です。コーヒー生産地域としては、イルガチェフェ地域(Yirgacheffe Area)に区分されます。

シフェラウ氏は、ブレ群(Bule Woreda)アダド住民自治組織(Adado kebele)のコーヒー生産者一家の出身です。両親の跡を継義、コーヒー生産者となった彼は、デガ(Dega)とクルメ(Kurume)を栽培するために、南のバンコ・ゴチチに移り住みました。彼は現在、最高品質のイルガチェフェ・コーヒーを作ることを目標としています。

品種

品種はデガ(Dega)とクルメ(Kurume)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

スポンサーリンク

丸山珈琲 エチオピア シフェラウ・ジグソ ナチュラル

シフェラウ・ジグソ
シフェラウ・ジグソ

国:エチオピア連邦民主共和国
地域:ゲデオ ウォルカ バンコ・ゴティティ
生産者:シフェラウ・ジグソ・ベレーソ(農園創設者)
農園:シフェラウ・ジグソ・ベレーソ農園
標高:1,900~2,100 m
農園面積:12 ha
品種:デガ、クルメ
生産処理:ナチュラル / アフリカンベッドで乾燥
収穫時期:11月~1月
お取引開始年:2020年

丸山珈琲

ラズベリー、グレープ、ピーチ、ジャスミンの風味。

丸山珈琲

エチオピア・モカの発酵臭と果実感のあるフレーバーが相まったフレーバーが印象的です。クリーンな味わいですが、焙煎後に時間を置いてもフレーバーがあまり開かない印象です。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事