豆ポレポレ:エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュト

豆ポレポレ エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュトです。

豆ポレポレは、沖縄県沖縄市にある自家焙煎珈琲店です。店主の仲村 良行(なかむら よしゆき)氏は、2018年のワールド・コーヒー・ロースティング・チャンピオンシップ(WCRC)(World Coffee Roasting Championship)に日本代表として出場し、第2位に入賞しました。

エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュト

スポンサーリンク

ブルーナイル

エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュトは、マツモトコーヒー(MATSUMOTO COFFEE)がエチオピアの輸出業者であるモプラコ・トレーディング株式会社(MOPLACO TRADING PLC)に調達を依頼しているロットです。ウォッシュト(Washed)は「ブルーナイル(Blue Nile)」、ナチュラル(Natural)は「ホワイトナイル(White Nile)」というロット名が付けられています。

ブルーナイルは、エチオピア商品取引所(ECX)(Ethiopian Commodity Exchange)のG1規格から厳選された後、さらに手選別を行い、欠点豆のほぼない状態でロットが仕上げられます。

このロットは、エチオピア(Ethiopia)オロミア州(Oromia Region)グジ地方(Guji Zone)ケルチャ郡(Kercha Woreda)で生産されたコーヒーから調達されました。

グジ地方は、近年になって注目され始めたコーヒー生産地域です。グジ地方はイルガチェフェ地方と同様に明るく華やかな酸味を持っていますが、イルガチェフェ地方がレモンや柑橘系のフレーバーを特徴としているのに対し、グジ地方はオレンジのようなフレーバーが特徴的です。

スポンサーリンク

豆ポレポレ エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュト

エチオピア グジ ブルーナイル ウォッシュト

焙煎度合い:浅煎り

精製方法:ウォッシュド

標高:2,100m

味わい:orange, black tea, jasmine, sweet,

豆ポレポレ

オレンジや紅茶、ジャスミンのような香り、キラキラした華やかな酸味。甘さが、酸味を支え心地よい。

豆ポレポレ

オレンジのようなフレーバーと明るく華やかな酸味が印象的です。グジに特徴的なオレンジのようなフレーバーとグジやイルガチェフェの浅煎りに特徴的な明るく華やかな酸味が綺麗に表現されています。




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事