トランクコーヒー:コロンビア モンテブランコ パッションフルーツ・ウォッシュト

トランクコーヒー コロンビア モンテブランコ パッションフルーツ・ウォッシュトです。

トランクコーヒー TRUNK COFFEEは、愛知県名古屋市にあるスペシャルティコーヒー店です。オーナーは、オリガミ(ORIGAMI)のプロデューサーである鈴木 康夫(すずき やすお)です。

コロンビア モンテブランコ パッションフルーツ・ウォッシュト

スポンサーリンク

モンテブランコ農園

モンテブランコ農園(Finca Monteblanco)は、コロンビア(Colombia)ウィラ県(Huila Department)アセベド市(Acevedo Municipality)サンアドルフォ村(San Adolfo)ヴェレダ・ラ・トコラ(Vereda La Tocora)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))のウィラ(Huila)に区分されます。

モンテブランコ農園については、以下の記事を参照してください。

品種

品種はパープル・カツーラ(Purple Caturra)です。

精製方法

精製方法はパッションフルーツ・ウォッシュト(Passion Fruit Washed)です。

*Passion Fruit Washedとは*
パッションフルーツ、パイナップル、オレンジ、マンゴー、
サトウキビ由来の黒糖、その他発酵を促す微生物を独自の割合で
発酵槽に投入しており、商品名の通り、
口に含んだ際にパッションフルーツを想起させるよう風味付けされた商品です。

トランクコーヒー
スポンサーリンク

トランクコーヒー コロンビア モンテブランコ パッションフルーツ・ウォッシュト

コロンビア モンテブランコ パッションフルーツ・ウォッシュト

現在コロンビアでは本当にたくさんの農園で新しい試みが
行われています。
そんなコロンビアの新しい試みの商品を世界に発信している
生豆のエクスポーター「CLEAR PATH」より特殊なプロセスの希少商品を入荷しました。
コロンビアの中で代表的なエリアHuilaに位置する
Monteblanco農園。
農園主は、世界中に実験的な新しいコーヒーを発信している
Rodrigo Saanchez氏。
そんな素晴らしい農園より、
特殊なプロセス"Passion Fruit Washed"をご案内します。

トランクコーヒー

Taste Note
Lychee, Passion fruit, Mango, Guava, Kiwi, Grapefruit,
Sweet Orange, Ginger

豆の状態からグラインドして抽出までライチの心地よい香りがたっぷり広がります。
ライチ、パッションフルーツ、マンゴーやグァバなどのトロピカルフルーツの
贅沢なフレーバーとジューシーな口当たりに、
ほんのりジンジャーのようなスパイス感。
他とは比べ物にならない絶対的なアロマと
トロピカルフレーバーが楽しめます。

トランクコーヒー

カモミールティーのような味わいをベースに、ライチのようなフレーバーとパッションフルーツのような酸味が広がります。ゲイシャの特殊精製と比べると、酸味の複雑さに劣ります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事