スターバックス リザーブ®:サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステート

スターバックス リザーブ® サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステートです。

スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステート

スポンサーリンク

IP農園

"Ip farm",CarmoCoffees 2015年6月24日.

IP農園(Fazenda IP)は、ブラジル(Brazil)ミナス・ジェライス州(英語:State of Minas Gerais、ポルトガル語:Estado de Minas Gerais)スル・エ・スドエステ・デ・ミナス・メソ地域(英語:South and Southwestern Minas Mesoregion、ポルトガル語:Sul e Sudoeste de Minas Mesoregion)マンチケーラ・デ・ミナス(Mantiqueira de Minas)カルモ・デ・ミナス(Carmo de Minas)に位置する農園です。標高950m - 1,200m、敷地面積720ヘクタールのうち300ヘクタールでコーヒーが栽培されています。

IP農園は、カルモコーヒーズ(CarmoCoffees)の所有農園です。

農園主はルイス・パウロ・ディアス・ペレイラ(Luiz Paulo Dias Pereira)です。

IP農園は、1967年にルイス・パウロの父親であるイシドロ・ペレイラ(Isidro Pereira)が購入した農園です。ルイスはその時まだ農学と畜産を学んでいる最中でしたが、5年後の1972年に父親の農園経営に加わりました。

1974年、ルイス氏は農園の拡張計画を実行しました。 農地が500%以上増えるなか、さらに多くのコーヒーの苗木が植えられていきました。 数十年後、ルイス氏は最初の果肉除去機を購入し、スペシャルティコーヒーの精製と生産に関する新しい方法の研究を始めました。

「イーペー(IP)」という農園名は、イシドロ ペレイラ(Isidro Pereira)の頭文字から取られました。

品種

品種はイエロー・ブルボン(Yellow Bourbon)です。

IP農園では、イエロー・ブルボンの他に、イエロー・カツアイ(Yellow Catuaí)、イエロー・カツカイ(Yellow Catucaí)、アカイア(Acaiá)が栽培されています。

精製方法

精製方法はナチュラル・ファーメンテーション(Natural Fermentation)です。

ルイス・パウロ・ディアス・ペレイラさんは「新しい技術を探求し続けることはスペシャルティコーヒーの事業を行う上での必須条件である。」というモットーのもと、スペシャルティコーヒーの新たな可能性を追い求めてきました。その探求心と、常に新しい方法に取り組んでいく姿勢をもちながら次なる挑戦へのヒントを求めて世界中を旅します。
この乾燥式加工法のコーヒーが生まれたきっかけは、ルイスさんの心に浮かんだ「伝統的な乾燥式加工法をより洗練させ、より素晴らしい味わいにするにはどうしたらよいだろう?」という疑問でした。その答えとして、ワイン製造の手法をヒントに、乾燥式加工法の中に発酵のプロセスを加え、トロピカルフルーツのような風味をもつ非常に複雑でユニーク、そして味わい深いコーヒーが生まれたのです。
乾燥式加工法のコーヒーと聞いて、エチオピアの乾燥式加工法のコーヒーでよく形容されるベリーのような豊かで力強い味わいを思い浮かべることも多いでしょう。それに対して、ブラジルの乾燥式加工法のコーヒーはしっかりとした甘さが感じられるなめらかな口当たりの、また新たな表情をもった、わくわくするような味わいです。

スターバックス
スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステート

スターバックス リザーブ®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス

サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステート

※ラベルデザイン
このカードのデザインはこのコーヒーに用いられた乾燥式加工法の過程を表現しています。太陽の下で乾燥されている様子が抽象的に描かれ、鮮やかな色彩や南国をイメージしたヤシの葉といったモチーフを通してこのコーヒーの持つ鮮やかで甘みの感じられる味わいを表現しています。

スターバックス
サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステート

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

サンドライド ブラジル イシドロ ペレイラ エステートは、スターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

高級チョコレートのような甘さを伴った滑らかな口当たりが印象的です。後味に発酵臭が若干残りますが、クリーンでエレガントな印象です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事