カルディコーヒーファーム:ブラジル ハイーニャ農園 ゲイシャ ナチュラル ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第23位

カルディコーヒーファーム ブラジル ハイーニャ農園 ゲイシャ ナチュラル ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第23位です。

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)は、株式会社キャメル珈琲が経営するコーヒーと輸入食品店です。

カルディコーヒーファーム ブラジル ハイーニャ農園 ゲイシャ ナチュラル ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第23位

スポンサーリンク

ハイーニャ農園

ハイーニャ農園(Fazenda Rainha)は、ブラジル(Brazi)サン・パウロ州(英語:State of São Paulo、ポルトガル語:Estado de São Paulo)サン・セバスチアン・ダ・グラーマ(São Sebastião da Grama)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、メディア・モジアナ(Média Mogiana)に区分されます。

農園主はホセ・レナト(José Renato)です。

ハイーニャ農園は、1890年創業の歴史のある農園です。カルヴァーリョ・ディアス家(Carvalho Dias Family)の農園でしたが、2007年にセルタンスィーニョ農園(Fazenda Sertãozinho Ltda.)に買収されました。古い畑が残っており、品質向上と農薬の使用を抑えた環境保護を目指し、より回復力のあるアラビカ種に改修されました。

品種

品種はゲイシャ(Geisha)です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

カップ・オブ・エクセレンス(CoE)

ハイーニャ農園は、ブラジル パルプト・ナチュラルズ(Brazil Pulped Naturals)において、2000年に第2位、2001年に第3位、2006年にブルボン(Bourbón)のパルプト・ナチュラル(Pulped Natural)が84.50点を獲得し第26位、2008年にイエロー・ブルボン(Yellow Bourbón)のデムシラージド・パルプト・ナチュラル(Demucilaged Pulped Natural)が89.95点を獲得し第4位、2009年にイエロー・ブルボン(Yellow Bourbón)のパルプト・ナチュラル(Pulped Natural)が87.90点を獲得し第6位、2010年にイエロー・ブルボン(Yellow Bourbón)のパルプト・ナチュラル(Pulped Natural)が85.77点を獲得し第20位、2012年にイカツ(Icatú)のパルプト・ナチュラル(Pulped Natural)が86.53点を獲得し第17位、2013年にイエロー・ブルボン(Yellow Bourbón)のパルプト・ナチュラル(Pulped Natural)が90.91点を獲得し第2位に入賞しました。

また、ブラジル・ナチュラルズ(Brazil Naturals)において、2012年にイエロー・ブルボン(Yellow Bourbón)のナチュラル(Natural)が88.72点を獲得し第8位、2014年にナチュラル(Natural)(品種不明)が86.66点を獲得し第13位に入賞しました。

また、ブラジル カップ・オブ・エクセレンス(CoE)(Cup of Excellence)において、2021年にゲイシャ(Geisha)のナチュラル(Natural)が87.47点を獲得し第23位に入賞しました。

スポンサーリンク

カルディコーヒーファーム ブラジル ハイーニャ農園 ゲイシャ ナチュラル ブラジル カップ・オブ・エクセレンス 2021年 第23位

カルディ カップ・オブ・エクセレンス 2021年

品評会での輝かしい受賞歴を誇り、ブラジルのスペシャルティコーヒーを牽引するハイーニャ農園。高品質なコーヒーのみならず、環境保全と農園で働く人たちへのサポートに注力しているのも同農園の特徴です。今回のゲイシャ種は標高1,570mといいう非常に高い区画で栽培しており、乾燥工程では20日間かけて天日でゆっくりと均一に乾燥させます。エレガントな風味と上質な甘さをお楽しみください。

カルディコーヒーファーム

ジャスミンのようなゲイシャフレーバー、ブラウンシュガーやローストナッツのような甘さ、チェリーのような酸味が印象的です。ゲイシャのフレーバーがじんわりと広がっていきます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事