いつか珈琲屋:台湾 青葉(チン・イェ) ナチュラル ミディアムロースト

いつか珈琲屋 台湾 青葉(チン・イェ) ナチュラル ミディアムローストです。

いつか珈琲屋は、神奈川県平塚市にある自家焙煎珈琲店です。代表は、ジャパン コーヒー ロースティング チャンピオンシップ 2016(JCRC)(Japan Coffee Roasting Championship)のチャンピオンの近藤 啓(こんどう ひらく)です。

台湾 青葉(チン・イェ) ナチュラル ミディアムロースト

スポンサーリンク

青葉咖啡莊園

青葉咖啡莊園(Ching Ye Coffee Estate)(以下、青葉)は、台湾嘉義県梅山郷瑞里村に位置する農園です。台湾高山茶発祥の地である阿里山の瑞麗風景区に位置しており、標高が高く、一年中雲と霧に覆われ、昼と夜の気温差が大きいため、阿里山一帯はコーヒーの栽培に適した環境です。

農園主は葉世遠です。

葉世遠は、青葉山荘という民宿の経営者です。彼は2009年8月8日の「八八水害(八八水災)」の後に、コーヒー栽培を始めました。

2009年8月8日、風災害により、青葉コーヒーのオーナー葉世遠氏の民宿は破壊されましたが、彼のコーヒーへの道は切り開かれました。彼は壊れたレストランの下にコーヒーを植えました。
葉世遠氏のハニー処理コーヒー豆はお客様に大変人気がありますが、彼が最も愛しているのはウォッシュドです。葉世遠氏はウォッシュド製法でしか、プロの味であるコーヒー本来の味を得られないと考えています。また、ドライウォーム発酵を採用し、豆にフルーティーな風味を持たせ続け、ベリーやアスパラガスジュースの甘く芳醇な味を持たせています。
葉世遠氏が最も誇りに思っているのは、彼のコーヒー豆だけではなく、長年の努力にによって積み重ねられた口コミが、近所の農家さん達とコーヒー豆を一緒に販売する時の助けになっている事です。
葉世遠氏はコーヒー農園と契約し、年間2,000キログラム以上の豆を購入しています。豆は購入してはいますが、畑の管理はまったく簡単ではありません。 葉世遠氏は、彼の得た新しい知識に基づいて農家を指導したり、他のコーヒー関係者に荘園を見学させたりと、あらゆる人がコーヒー豆の品質を向上できるよう、力を尽くしています。
葉世遠氏にとって、豆を売る喜びは、コミュニティのコーヒー農家さん達と共に分かち合う喜びには及びません。

初めての珈琲

青葉は、2019年の台湾国産スペシャルティコーヒー品評会(台灣國產精品咖啡豆評鑑)で、84.63点を獲得し頭等賞(第5位)、84.48点を獲得し金質賞(第7位)に入賞しています。

品種

品種はSL-34です。

精製方法

精製方法はナチュラル(Natural)です。

映画『初めての珈琲』

このロットは、雲林県古坑郷のコーヒーのPRのために製作された映画『初めての珈琲』のキャンペーンとして提供されたコーヒーです。

「2021TICF近藤啓」,台北國際咖啡節 2021年10月6日.
"SuzukiAmi Making Coffee OFFLINE0803",taiwancoffee 2021年9月30日.

いつか珈琲屋の近藤 啓は、映画の主題歌を担当した鈴木 亜美(すずき あみ)にコーヒーをドリップして提供しています

スポンサーリンク

いつか珈琲屋 台湾 青葉(チン・イェ) ナチュラル ミディアムロースト

青葉(チン・イェ)

青葉農園のメインの品種はSL34です。自然環境がとても豊かなところです。オーナーは大学で農業を専攻し、またお茶の製茶経験も生かし、農園の珈琲の実を見事に実らせることができました。品質も素晴らしく、初めて参加したコンテストで、3種類の製法全てで輝かしい成績を上げることができました。珈琲栽培にも焙煎にもありったけの情熱を注ぐオーナーの想いは、珈琲の繊細な味にも表れていますし、この農園に来られたら、きっとすぐにお分かりいただけることでしょう^^
 
受賞歴:
2021年 阿里山国際交流試合特等賞(1kg 30万円世界記録突破)
2020年 阿里山国際交流試合金質賞             
2019年 台湾国産スペシャルティ珈琲 金質賞

いつか珈琲屋

近藤、青山のカッピングコメント
フローラルな香り。ピーチやマンゴーを思わせる味わい。かすかにウイスキーも感じる。ラウンドな質感でリッチ。甘い後味が長く続く。

Floral scent. A taste reminiscent of peach or mango. A little brandy. Rich with a round texture. The sweet aftertaste lasts for a long time.

いつか珈琲屋

ブランデーやウイスキーのような洋酒香とナチュラル精製の発酵臭が混じったようなフレーバー、果実感のある明るい酸味、まろやかな口当たりが印象的です。洋酒のような重たいフレーバーと果実感のある酸味が対照的な味わいで、後口にナチュラル精製の発酵臭が残ります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事